富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

11/28 マルシェ・ジャポン@国連大学前 レポート

2010年12月4日 10:23 PM

初めての出店となる、
マルシェ・ジャポン@国連大学前、
その様子をご報告いたします!

富山からだと、
花の都・大東京に出て行くだけでも大変!

電車だと楽チンなんですが、
荷物も大量にあるし、
家族3人での移動なので、
ここは我が家の愛車MINIで出陣ですっ!

それにしてもMINI、
名前の事だけはあります(笑)。
とにかく荷物が載りません!!!
後ろのトランクも、
トランクなんて名前で呼べないーっ!
ってなくらい荷物が載りません。

ギュウギュウ満載で、
お米やら衣類やらを詰め込みます。

トランクだけではとても載りきらないので、
ジェットバックも取り付けて、
マルシェに必要なありとあらゆるものを、
これまたギュウギュウ詰めにします。

乗車するのは3人なので、
まだヨカッタ!
1人分あいている助手席にも、
荷物ギュウギュウ。
まるでパズルをしているかのように、
隙間を埋めるが如く荷物をつめるつめる!

こういう時ふと、
あー、ワンボックスっていいなー、
なんて誘惑に駆られそうになりますが、
一度ワンボックスに乗るとその便利さに犯されて、
二度と普通の車には戻って来れないぞ、
と脅されているので、
歯を食いしばっていけるとこまでいってみよーじゃーないかと、
MINIに乗り続けてます・・・・。

前日入りしてホテルに1泊。
ちょっと贅沢なんだけれど、
無理せず。
まだ小さなcoco様もいるしね。

マルシェ当日の朝。
熱心に準備しているのはともまると、
そして強力助っ人のVSOさん!
いつも資材でお世話になっている方なんですが、
いつのまにか濱田ファームのシーズナルスタッフになってる?!

ジタバタ暴れるcoco様に振り回されて、
何も、本当に何も!
できない私の代わりに、
しっかり&てきぱきと準備してくれました(涙)。
手伝いっていうよりも、
どちらかというとともまるに指図するくらいのポジション(笑)?
VSOさんの言われるがままに、
ともまる動いていたようです。

とにもかくにも、
本当に感謝の言葉もでないくらいです。
なので言葉がでないついでに、
次回もお願いします!とここでお願いしてみたりなんかして、
えへへへへ♪

そこへようやく、
cocoの相手役登場!
私の両親です。
ふぅ、よかったよかった、
これで私も何とか働けるよ。

cocoよ、
これでもうあなたは自由の身じゃ。
どこへでも行ってこーい!
そしてしばらく帰ってこなくていーよー(笑)!

そんなこんなでモタモタしていたら、
マルシェがスタート!

まずは初出店の私たち、
他の出店者の方々の前で挨拶から。

皆さ~ん、
今日は1日お天気が良さそうです。
がんばりましょー!
よろしくお願いしまーす!
と適当番長ともまる、
適当にぺらぺらしゃべりまくってました。

私たちのブースはこんな感じになりました!
今回は、
初めての試みで量り売りに挑戦!
したら、
けっこう皆さんに足をとめてお買い求めいただく事ができましたー!
やったやった★

まさかこんなにお客さんに来ていただけるとは思わず、
相変わらず売れないだろうなと、
売る気なしなしで臨んだ私たちの期待を、
大きく裏切ってくれる結果となりました。
うれしいな♪

ともまるの趣味(?)のトラクターのミニカーも、
1台売れたみたいだし、
何よりn*cafeさんの米粉クッキー、
大好評でした!
卵・バター不使用で国産菜種油やメープルシロップ、アルミフリーのBPなど、
こだわった材料で焼いたクッキーは、
特にお子さん連れのお母さんの興味をひいてました!

全国各地で開催されているマルシェ・ジャポンですが、
なかなか出店者が集まらず閑散としているマルシェもあると聞いていますが、
ここ青山はなかなかの賑わいだったと思います。
お天気が良かった(汗ばむ陽気!)からかな?

主催者側の出店者への配慮、
例えばテントは最初から組み立てられているとか、
ディスプレイ用の什器が用意されているとか、
そういう点も私たち出店者にとってはうれしいところでした。

ただ、
やっぱりファーマーズマーケットとうたっている割には、
農家自身の出店が少ないのは残念なところ。
実際出店してもそれほど利益は望めないし、
私たちのような遠方からの出店だと大赤字だし、
農家は出店に二の足を踏んじゃうのかな。

でもやっぱり、
お客様との直接の出会い・会話を通して、
我が家のお米を買っていただけるとすごくすごくうれしいし、
その後リピーターになっていただけたりなんかすると、
それはもう農家冥利につきるなと。

楽しい時間をみんなで共有できるところが、
何よりマーケットの一番のポイントだと思います★

そんなダラダラな私の戯言なんかは全く関係なく、
coco様はいつものように、
お昼過ぎからの爆睡タイム。

今回助っ人に来てくれたのは、
VSO(写真中央)さんだけでなく、
去年のアースデイマーケットからずっと手伝ってくれている、
ともまるのサラリーマン時代の先輩Sさん。
その先輩はその後の用事のためビシッと決めたスーツ姿で、
マルシェで一際異彩をはなっていましたが、
すぐに退散。
代わりに、
その先輩が転職した先の、
後輩M君(写真右)を何故か連れてきてくれました(笑)。
ともまるは知らない人。
でも何故か濱田ファームのブースで1日中、
声を枯らしてお米を売ってくれていました(笑)。
本当にありがとう!

それ以外にも、
お隣のブースでは徳之島のたんかん農家の吉井果樹園さん、
初出店の私たちを手取り足取り教えてくれました★
ありがとうございました!
今回突然お電話して、
無理なお願いを快く聞いていただき、
米粉クッキーを焼いていただいたn*cafeさん。
美味しいクッキー、ありがとうございました!
忙しい中私たちの顔を見に来てくれた弟夫婦、
cocoへのクリスマスプレゼント、
ありがとう!
カナダ時代の同僚Kちゃん、
去年に続いて今年も差し入れ片手に家族で遊びにきてくれました。
また来年も会おうね、ありがとう!
205仲間のIくん。
米粉クッキーはどうだった?美味しかったか?
今年も遊びにきてくれてありがとう!
byともまる。
最後に、
去年のアースデイマーケット以来、
我が家のお米を定期的にお買い求めいただいているお客様のT様。
家族3人で会いにいていただきました。
すごくすごくうれしかったです。
本当にありがとうございました!

そんな訳で、
たくさんのありがとうの気持ちにあふれた、
愛のマルシェとなりました。
重ねて皆様、
ありがとうございました!!!

今月もまた出店を予定しています。
詳細はまた改めて★

———————————

平成22年産・新米の直売については、
こちらをご覧下さい。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です