富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

お正月スキー旅行♪

2011年1月11日 11:13 PM

●お休みのお知らせ 
1月15日(土曜日)~1月25日(火曜日)
マルシェ・ジャポン出店と冬休みため、
上記の期間お休みいたします。
この間にいただいたお米のご注文については、
休み明けの26日(水曜日)に返答させていただきたいと思います。
ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いたします。
なお定期配達・発送の分については、
休み期間中でもお米をお届けいたします。

● マルシェ・ジャポンに出店します!
1月15日(土曜日)@六本木アークヒルズ
1月16日(日曜日)@青山国連大学前 
減農薬コシヒカリ・こだわり栽培コシヒカリの300g&1.5kgの、
小袋と量り売り。
無農薬の米粉や米粉クッキーもあります♪

——————————-

毎年恒例のお正月スキー、
今年は、
いい加減番長・ともまるが独断と偏見で勝手に決めてきた、
山田牧場スキー場、略してヤマボク
へ2泊3日で行って来ました!

私たちはただただ、
のほほ~んとスキーに出かけただけだったのですが、
何とそこで素敵な出会いが待っていました~。

まずはスキーの様子から。

ヤマボク?
どこそこ?!
という方も多いかもしれませんが、
栗で有名な小布施から山へずんずん上っていたところ。
アバウトな説明でスミマセン・・・。

周辺は、
山田温泉や五色温泉、七味温泉と個性豊かな温泉が点在。
その一番てっぺんの標高1500m以上に位置する、
山田牧場を利用したゲレンデ。

最初はソリで遊んでいたcoco様ですが、
ソリを断固拒否!
リフトに乗る!と自己主張!
という訳で、
3日間ともリフトに乗りまくりとなりました。

最初は背中にしょって滑っていたのですが、
周りの子供たち(スキークラブのキッズが多い多い!)がビュンビュン滑り降りているのを見て、
cocoもあーやって滑る!
と恐ろしい事を発言。
しょうがないのでともまるが前に抱えて滑り降りていたのですが、
スピードだして!
とこれまた恐ろしいリクエストをするように。

腰痛持ちのおとーさん、
頑張って何本も何本も、
本当に何本も滑ってきてました・・・。
かわいそー。

今年はまださすがにスキーははけないと思うけれど、
来年はちゃんとスキーを探してやらないとダメだわ。

ヤマボクは、
どことなくだけど、
レイクルイーズのトップ・オブ・ザ・ワールド周辺コースに似た感じ!
もちろん、
圧雪なんてしてないよ!!!

自然の地形を活かしたコースが随所にあって、
パウダー好きにはたまらないと思います。
標高も高いから雪も抜群にいいしね。
何よりすいてる(笑)。
お正月だっていうのにリフト待ち皆無。

ヤマボクからまた別のスキー場まで滑り降りれるというタコチコース
興味津々です。
cocoがいるからもちろん無理だけれど、
おもしろそー!

今回2泊したのは、
ゲレンデのすぐ前に位置するレッドウッドイン
アメリカのセコイヤナショナルパークから輸入したという、
樹齢1650年のレッドウッドの木を使い、
グランドキャニオンの森林警備隊の詰め所を模して造られたロッジ。

いやぁ、
ともまるの独断と偏見で決めた宿だったので、
正直期待していなかったんだけれど(笑)、
ここが想像以上に良かった!

何が良かったかって、
まずはこちらのワンちゃん。
イギリス生まれの貴公子・ポパイは13歳。
大きくて真っ黒だから、
よくクマに間違われるそうだえけれど、
とにかくカワイイ♪
cocoがとにかくポパイを追っかけまわすもんだから、
ちょっと迷惑顔だったかも・・・。

あと、
女性のお風呂の脱衣所には、
にゃんこもいます。
こちらは22歳のおばあちゃん、だけれど、名前はたろう。

これまたcoco、
追い掛け回す。
ペットがいる宿は子供は喜ぶのね。

1階のレストランは、
暖炉のある暖かい場所。
スキー客もランチによく訪れていました。
自家製のベーコンやソーセージを使ったピザやパスタ、
手作りケーキをいただけますよ~。
スキー場ではビール派の方も多いと思いますが、
ここではワインもお勧め!

そしてお部屋は、
今回は3階の屋根裏部屋タイプのお部屋。
十分な広さですが、
天井は低いので男性陣要注意。
でもそこが、屋根裏部屋っぽくて楽しいんだけれどね。
お布団は自分で敷くカジュアルスタイルです★

お楽しみのお風呂は、
もちろん温泉!
樹齢1650年の歴史と風格と貫禄のあるレッドウッドを、
そのままくりぬいた丸太の露天風呂が名物ですが、
冬はそこまで辿り着くまで寒くて辛い!
お湯も時間帯によっては熱かったりぬるかったりで、
子連れにはちょっと厳しかったかも。
と書きつつ、
うちは当然入りましたけどー。

予想以上に内湯が良かったです!
広々していてくつろげて温まりました~。



そしてお食事。
朝・晩食事つきだったんですが、
ランチも含めて3食全てここ!

特に夕食が大満足。
例えば1日目の夕食は、
キノコのマリネ・イワシのエスカベッシュ・バルバリー鴨の燻製の前菜から始まり、
蓮根・長芋・林檎の天麩羅
真鯛のソテー・白ワインとエシャロットソース
和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
焼きおにぎりの雑炊仕立て
サツマイモのプリン・ラムレーズンのアイスクリーム
というフルコースっぷり。

正直こんな山奥で、
ここまで美味しいお食事をいただけるとは思っていなかった(笑)。
不覚(笑)。

加えて、
美味しそうでお手頃なワインが揃っていて、
私たちは1日目2日目と1本白ワインをいただいただけですが、
ニュージーランドのこのワインがとにかく美味。
いつもはシャルドネについついいってしまうところ、
お店の方にすすめられたソーヴィニヨン・ブランのホワイト・ヘブン。
お気に入りの1本となりました♪

ロッジの隣には、
アウトドアギアを扱うこれまたログハウスがあって、
アークテリクスやホグロフスなど見応え十分。
お店の名前はSPARGO

アークテリクスからカナダの話になったら、
何と何とオーナーさんもカナダ(ビクトリア)4年在住経験ありとか。

そんなこんなでカナダ話に花が咲き、
そうこうしているうちに話は米作りの方向へ。
ここでともまる!
いつもの事ながら熱く、
いや暑苦しく語っちゃったようです!
オーナーのKさん、
本当にスミマセン・・・・。
いつも熱く語るな!とさんざん注意しているんですが・・・。

が、
オーナーのKさん。
ともまるの暑苦しさにやられたのか、
うちのお米に興味を持っていただき。

うちのお米をとりあえず送ることに。

ロッジの皆さんに気に入ってもらえ。

ロッジのご飯に採用!

とまぁ、
何と何と、
雪だるま形式(?)でうちのお米が使われる事になっちゃいました♪
いやぁ、
ビックリ。
本当にビックリです。
まさかまさか、
スキーに遊びに来てこういう展開になるとは。

私たちがそんな話に夢中になっている間、
coco様はカメラ撮影に夢中♪
このカメラ、
もう使っていなくてどうしようかと思っていたんだけれど、
cocoのいいおもちゃになりました。

今回のお正月スキー旅行、
スキー場も良かったし、
スキーも楽しめた!
ロッジも、
お部屋・温泉・お食事とどれも良かったけれど、
何より人との出会いが最高でした!

ロッジのみな様、そしてオーナーのKさん、
今回は楽しい滞在をありがとうございました!
そして出会いに感謝です!!
我が家のお米が、
ロッジを訪れるお客様にも気に入っていただけたら、
すごくすごくうれしく思います。
重ねて、
ありがとうございましたーっ!!!

という事で、
お正月スキー旅行の様子、
でした★

———————————

平成22年産のお米の直売については、
こちらをご覧下さい。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です