富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

トラクター出動!!!

2011年3月26日 11:48 AM

まだまだ雪が降る、
寒い寒い3月下旬です。
暦の上では春はもうすぐそこまで来ているはずなんですが、
とにかく寒い!

田んぼの景色も、
正しい日本海側の冬の様相を呈しています。
朝でも昼でも、
どんよりどよどよ黒い雲が空を覆い、
暗いです・・・。

さて!
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、
っていうか、
皆さん気づきますよね?!

田んぼにトラクター、
出動してます!!!

この地域でこの時期にトラクターを出動させているのは、
うちくらいではないでしょうか?
えっへん!!
って、
いばっても全然しょうがないんですが、
まぁ、とにかく、もの珍しい光景ですから(笑)、
農道を通る車全てが速度を落として、
じーっとトラクターを凝視。

しかーも!
ついてる作業機がロータリーではなく、
ハローなもんだから、
さらにジーっと不思議そうに見られまくりです。
快感・・・・♪

注:ロータリーは耕起する為の作業機。
普通は、
田んぼをまずは起こす事から春作業が始まります。
しかもこの地域での耕起は、
おおむね4月中旬頃からの作業。

ハローは代かきの為の作業機。
代かきは田植え前にやるので、
通常は5月に入ってから。

で、
ともまるが何故にこんな時期に、
何故にハローで田んぼに入っているかというと・・・・。

濱田ファームの田んぼは、
冬の間田んぼにずっと水をためる冬期湛水(とうきたんすい)をしています。
残った稲株が水で分解され、
微生物を増やしたり抑草効果があると言われています。

特に無農薬の田んぼでは、
抑草効果を少しでも期待したいのですが、
うまく稲株が分解されていないと効果が薄れるんだとか。
なるべく早いうちに田んぼに入って、
ハローで藁をかき混ぜてやれば分解が進むと聞き、
大慌てで入ったというわけ。

今回は無農薬と減農薬の田んぼに入りました。
うまく分解が進むと良いんだけれど。
どうかな~?

———————————

岩手・宮城・福島へも、
発送が可能になっております。
ただし、
一部の地域は営業店止めの発送のみです。
詳しくは、
お気軽にお問い合わせください!

平成22年産のお米の直売については、
こちらをご覧下さい。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です