富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

荒くり!

2011年4月28日 10:03 PM

さ、さ、さむい・・・。
昨日は春だー!
と喜んだのもつかの間、
今日は冬だ・・・・。
ストーブがんがんたいてます・・・・。

外は寒いし雨ザーザーだけど、
田んぼの方の準備もやばいくらいオセオセになってきて、
ちょっとあせってます・・・。

田植えまでの田んぼの準備は、
以下のスリーステップ!

1:耕起(こうき=田んぼを起こす)
2:荒くり(あらくり=土と水を混ぜる)
3:代かき(しろかき=田植えの為に田んぼの表面を滑らかにする)

今現在は、
2:荒くりという作業中。

田んぼに水を入れて、
ロータリーという作業機で土と水をかき混ぜている状態。
だから、
ドロドロぐちゃぐちゃ。

連日のトラクター作業で、
腰をやられまくっているともまる。
かなりヤヴァイ。
けど、
やらなきゃ田植えできないので、
やるしかない。

一応、
ともパパもトラクター作業を手伝ってくれるんだけれど、
そこは超ゴーイングマイウェイのともパパ。
ともまるの指示なんて無視しまくりの暴走特急らしい。
例えばまっすぐ進め!
と説明したすぐ側から曲がるんだとか。
大げさじゃなくて本当にそうらしい。

ともまる、
毎日頭を沸騰させながら、
ともパパと乱闘騒ぎを起こしています(笑)。

ま、
そんなわけでともパパは全くあてにならないので、
結局はともまるが孤軍奮闘するしかないのであります。

この荒くり作業もそうだし、
耕起もそうなんだけれど、
けっこう時間がかかる!
田んぼ1枚(3反=300坪の広さだとしよう)を荒くりするのに、
1時間半くらいかかるのだ。

今年はトータルで10町(100反)ちょっとの面積で、
米を作付けする予定。
トラクターを移動させたりする時間を入れずに、
単純計算しただけで約50時間!
1日7時間やったとしても1週間はかかるんです!

実際には、
全ての田んぼが3反という広さではなく、
中には1反という田んぼもけっこうあるから、
作業効率はもっともっと悪い。

荒くりだけでなく、
その前には耕起もあるし、
その後には代かきもある。
だから、
田んぼの準備って、
けっこう時間がかかる大変な作業なんですね~。
しみじみ。

あ~、
世間は明日からゴールデンな感じみたいですが、
うちには全く関係のない話です。
ともまるはトラクター、
私は育苗、
がんばりますよー!!

———————————

平成22年産のお米の直売については、
こちらをご覧下さい。
こだわり栽培コシヒカリの在庫、
残り少なくなってきました!
保管予約も承っておりますので、
ご希望の方はどうぞお早目にご連絡ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です