富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

販売用の苗の様子

2011年5月1日 3:28 PM

約2ヶ月にわたって続く育苗作業の行程、

1:選別
2:小分け
3:消毒(温湯消毒→直売用と農薬による消毒→出荷用と苗販売用)
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種
8:ハウスへの苗出し
9:出芽
10:苗をならべる(プール→直売用通常→苗販売用
11:潅水&温度管理(プール→直売用・通常→苗販売用)

も、
最後の大詰め11:潅水&温度管理の段階に入っていますが、
寒い日が続いていたり、
またなかなか太陽が顔を出さなかったり、
で、
今年の苗はちょっと生育が遅れているような気がします。

販売用の苗の方ですが、
なかなか被覆材のシートをはずせない日が続いていて、
真っ白なシートで苗が覆われていました。

そろそろ、
そろそろかな・・・・?
と、
毎日シートをめくってチェック。

ちょっと長さが足りないような気がしますが、
鮮やかな緑色になっていたので、
シートをはずしてやりました!

販売用の苗は、
この辺りの田植えピーク日5月15日に照準を合わせて準備していますが、
このままの天候だと、
ちょっと遅れそうなのが気がかり・・・・。

私たちはその前後2週間は毎日田植えなので、
日程が少しずれようと関係ありませんが、
他の兼業農家の方はぴったりその日にあわせて予定を組んでいて、
家族や親戚の方にも手伝いをお願いしているはず。
だから、
1日たりとも田植えの日をずらすのは難しいんですよね。

苗の為にも、
またGWの楽しい休暇の為にも(笑)、
この先の天候に期待したいところです!

ハウスの中に吊るしてある温度計。

ハウスの温度は、
ボタン1つでコンピューター管理・・・・・

されていれば楽チンなんですが、
全くもって人の手と勘に頼って、
窓を開け閉めしたりする事によって管理しています。

日が出なければ20℃以下と苗にはちょっと寒いし、
日が出たら出たで、
一気に35℃以上振り切って40℃近くになる事も!!

この時期太陽とにらめっこしながら、
出たらすぐにハウスに向かって出動!
バイクでぶぃ~んと向かうワタクシです。
バイク?
そう、
バイク!
かわいいバイクを入手しました♪

またそのうち、
ご紹介しま~す!

———————————

平成22年産のお米の直売については、
こちらをご覧下さい。
こだわり栽培コシヒカリの在庫、
残り少なくなってきました!
保管予約も承っておりますので、
ご希望の方はどうぞお早目にご連絡ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です