富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

小麦の製粉

2011年9月7日 10:50 PM

稲刈り直前のこの時期なんですが、
ようやく!
時間を何とかひねり出して!!

小麦を製粉しました~!

製粉作業の様子。

小麦の選別をしたのが
7月の終わり。
それからずっと、
製粉しよう、
製粉したい、
製粉しなくちゃ、
と思い続け言い続け、
早1ヶ月以上経過・・・・。

このままではもう、
製粉できずに年越し(→まだまだ先の話だけど・・・)しそう!
と危機感をつのらせ、
ようやくこの、
稲刈り前のクソ忙しい時に決行、
あいなったというわけであります。

製粉には、
家庭用のミル「hikiki」を使用。

投入口に小麦をザザザーと入れます。

ちなみにこの小麦は、
平成22年産。
去年収穫して1年以上眠っておりました。

小麦ってよくは知らないのですが、
新麦ってあまりよくないらしく、
1年おいてから製粉したほうがいいとか。

それが本当かどうかはさておき、
とにかく私たちのようなノンビリグウタラ農家は、
1年以上たたないと製粉までたどり着かないのであります・・・。

hikikiの中で石臼がグルグル回って、
下から挽かれた粉が出てくるしくみ。

こんな風にね。

高さがないと作業しづらいので、
娘の椅子を拝借。
こんなところで活用できるなんて、
子供用の椅子ってすごいわ。

挽いたら終わり!
といかないところが辛い小麦粉。

あとはひたすらフルイにかけて、
小麦の皮の部分であるフスマと、
粉とに分けていきます。

ふるいまくったおかげで、
手首も肩も痛いよぉ~。
3時間近くかけて粉を挽いてふるって、
それでできた粉なんて極わずか。

自家製小麦って、
口にするのは簡単だけど、
実際作るのは本当に大変。

でもやっぱり、
うれしい気持ちでいっぱい。
これぞ、
農家の特権。

さぁこれで、
パンでも焼こう!
あっ、でも、
今は忙しくてとても手ごねはできないので、
HBに丸投げ、
でね♪♪♪

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です