富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

トラクターで額縁を切る!

2011年10月27日 11:06 PM

さ、さぶい!
寒がりな私なので、
当然、
家ではストーブをガンガン炊いてます。

今年は節電の影響からか、
ストーブが人気みたいですねぇ。
我が家もストーブ3台体制。
厳冬期には、
夜寝る時にオイルヒーターも併用。

あぁぁ、
極寒(マイナス30度以下になります!)のカナダの、
セントラルヒーティング(24時間どの部屋もポカポカ)が懐かしい・・・。

さて、
今日は全国的に晴れ!
だったみたいですね。

個人的には、
天気予報のその下の、
「しつもん!ドラえもん」が大好きです。

こちらでは天気に関係なく、
ここ数日はずっと、
ご覧のようにトラクター作業。

ようやくその様子、
写真におさめる事ができました!

額縁(がくぶち)と呼ばれる、
田んぼのキワをグルっと一周、
こんな感じで溝を切っていってます。

この後、
堆肥を散布して田んぼ全体をトラクターで起こすんですが、
額縁はどうやってもトラクターを寄せきれず、
起こせなくって雑草が残っちゃうんですよね。

その、
雑草をやっつける為に。
あとは、
水はけもよくなるし、
トラクターで運ばれて高く積もりがちな土を、
少しでも散らばそうという目的もあるんだとか。

田んぼでは、
「ひこばえ」が元気に生えてます!
刈り取られて、
死んでしまったかのように見える稲株ですが、
実は非常に生命力たくましく、
こうして青々とした葉を伸ばしています。
中には、
もう一度稲穂をつける株もあるんですよ~。

全ての田んぼの額縁を切り終わったら、
ようやく堆肥散布です!
来週、
くらいからかな。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●青空のみの市
11月も出店予定です!

11月6日(日曜日)護国神社(富山市)

雨が降らなければ、
朝6時頃からお昼くらいまで。

こだわり栽培コシヒカリと減農薬コシヒカリの、
小袋(2合・10合)と量り売り(1合100円~)。
無農薬コシヒカリの米粉クッキーなどを販売予定です★

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です