富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2011.11月の記事

第13回 米・食味分析鑑定コンクール

2011年11月24日 9:23 PM

今年も米・食味分析鑑定コンクールに、
濱田ファームの3種類のコシヒカリを出品!

したんですが、
何と何と、
減農薬と無農薬コシヒカリの2種類が、
1次審査・2次審査と突破して、
最終の3次審査まで進んじゃったんです(驚)!!

私たち自身もビックリ仰天だったんですが、
こんなチャンスはめったにない!
と、
いそいそと3次審査と授賞式(3次審査に進むと必ず賞がもらえる!)へ、
1泊2日で出かけてきました~!

米・食味分析鑑定コンクールは、
米・食味鑑定士協会が主催する国内最大規模のお米のコンクール。
現在では国内外から約3000もの出品数があり、
食味を競うお米のコンクールとして知られています。
濱田ファームは3年前から出品しています。

よくお客様から、
「お米、美味しいですか?!」と聞かれる事が多くて、
実は私、
その返答にかなり困っておりました・・・。

そもそも美味しいって基準が人それぞれの主観だし、
その時のお米の保存方法や炊き方、
食べる環境にその時の体調など、
多くの要素に左右されるもんだと思う。

だから、
美味しいかって聞かれると、
何をもって美味しいと答えるべきなのか、
困ってしまうのだ。

うちのお米は美味しい。
美味しいと思う。
美味しいだろうけれど、
でも美味しさは人それぞれなので、
一度食べてみてお口にあえばうれしいです、
みたいな控え目な受け答えしかできなくて・・・。

そんな経緯から、
うちのお米がどれくらい美味しいのか、
客観的に他の人に判断してもらおう!
と思ったのが、
そもそもコンクールに出品するようになったきっかけ。

このコンクール、
1次審査は食味計という機械で85点以上で通過。
85点って、
これ相当な点数なわけですよ・・・。
ざっと見て、
3分の2以上のお米が1次審査でバッサリ切り捨てられる、
とっても厳しい世界です・・・。

美味しいお米を作ろう!
と努力している全国の農家さんのお米が、
です・・・。

で、
2次審査は味度計というまた別の機械で測定。
1次の食味計と2次の味度計の合計点数で、
最終の3次審査へ進出。

3次審査は、
審査員が実際に食べ比べて、
投票により結果が決まります。

濱田ファームは、
一昨年1次敗退・・・。
昨年は減農薬と無農薬コシヒカリが2次に進むも、
最終3次には進めず。
そして今年!
1次・2次と進み、
都道府県選抜として3次に進出しちゃったのであります!
あわわわ。

受け付けで、
胸にノミネートされている証であるお花なんぞをつけてもらい、
記念に写真を撮ってもらったともまる(笑)。

コンクールの会場。
毎年全国各地で催されますが、
今年は群馬県の川場村という山奥。

なかなかの田舎(笑)でしたが、
そこに全国から農家、
だけでなく、
業者さんやらお米を扱う方々などなど、
たくさんの人が集まってきておりました!

こちらが、
出品された3000近くのお米たち。
一般に公開されているので、
誰でも自由に見物できるようになっていました。

もちろん、
濱田ファームのお米もありますよ★

最終審査のお米は、
同一条件で同一メーカーの炊飯器で炊かれたもので、
どのお米が誰のお米がわからないようになってました。
当然といえば当然か。

審査員の方は、
選ばれた30人の方々。
プロの食味鑑定士の方もいれば、
バイヤーさんや一般の方もいるようです。

香り
粘り
つや
食感
甘み
など、
総合的に判断して、
審査員の方が美味しいと思うものを投票、
投票数の多いものが金賞、
金賞にもれても特別優秀賞が授与されます。

一般試食コーナーとやらもあって、
誰でも自由に食べられる!

ともまるも1つ手にとって食べたお米、
かなり美味しかったそうです!
23番、
誰のお米だったんでしょう・・・?


会場とその周辺の様子。
たくさんの業者さん(肥料や米袋などを扱う会社の方)のブースや、
飲食のお店もあって、
ちょっとしたイベントのように盛り上がってました!

審査の後、
夜の懇親会がこれまた大盛り上がり!
ここで審査結果の発表もあるので、
金賞を受賞した方や団体さんは、
オォォー!と喜びの声がこだましておりました。

濱田ファームは、
残念ながら金賞を逃し、
特別賞とあいなりました。

が、
この場で全国の有名な農家さん・・・・、
え?
そんな人いるの?!
と一般の方はお思いかもしれませんが、
いるんですよー。
農家の世界にも有名な農家さんがいっぱい。
よくテレビに出ているあの人や、
雑誌で紹介されているあの方などなど、
たくさんの農家さんと出会えて、
また中には直接お話しする事もできて、
ものすごく良い機会となりました!

受賞式の様子。
最終審査に残った農家や団体それぞれに、
1つ1つ賞状と盾が授与されます。

ちなみに、
今年の濱田ファームの無農薬コシヒカリ、
1次審査の食味計は93点(去年89点)と異常に高い数値となりました。
機械、
壊れていたんじゃないだろうか・・・・(笑)。
2次審査はの味度計は、
わりと普通の85点。

この点数は、
お米そのものの美味しさをちゃんと表すものではないと思います。
ですがやっぱり、
客観的に判断される美味しさの1つである事にも違いないと思います。

点数を気にせず、
点数に惑わされず、
点数を取るために米作りをしているわけではない事を決して忘れず、
これを来年の米作りの大きな原動力にして、
えぇ、
主に無農薬の田んぼでの草取りなわけですが、
草取りしている時にこの点数を思いだして、
せっせと1本1本草を取れそうな気がするようなそれでもないような・・・・(笑)、
とにかく、
来年もまた、
お客様に我が家のお米を胸を張ってお届けできるよう、
一層の努力をしていこうと思う良い機会となった、
今年の米・食味分析鑑定コンクールでした!

皆さま、
ありがとうございました!!

ともまる出張中・・・?

2011年11月22日 10:15 PM

昨日、
日本海側の冬は寒いだの暗いだの、
さんざん文句を言っておりましたが、
今日は一転して晴れ!

日射しもポカポカと温かく、
絶好の堆肥散布日和であります。

がっ!
肝心のともまるがいなかった!!
明日もお天気は良さそうですが、
何と明日もともまるいないって!!

その理由は、
既にともまるがツイッターでつぶやいている通りですが、
こんなコンクールの最終審査に残ったようで、
その様子を見に行っているのであります。

結果・審査の様子はまた、
後日改めて。

それにしても、
山の下の方まで雪が積もってきたなぁ。

手前にちょこっと見えているのは、
富山地方鉄道の線路。
ちょうど電車が走っているところを撮れれば良かったんだけれど、
電車、ものすごくレトロでかわいいのです。

12月3日から全国ロードーショーの「RAILWAYS」は、
この地方鉄道に勤める運転士と家族の話だそうです。
かわいい電車はもとより、
バックの雄大な北アルプスの景色も楽しめそうな映画です。

タイヤ交換

2011年11月21日 10:56 PM

今朝は、
どころか、
日中も、
今日はグッと冷え込んだ1日でした。

冷え込むだけで天気が良ければまだ救われるんですが、
日本海側はそんなに甘くないんです。
毎日毎日真っ暗どよどよ~。
分厚くて真っ黒な雲に、
空一面おおわれています~。

そう、
これこそが日本海側の冬!
毎日寒い。
毎日暗い。
極寒のカナダ(つい先日まで寒波でマイナス30度!)帰りの私、
寒さはさておき、
この暗さにけっこうまいります・・・。

ま、
嘆いていもしょうがないので、
サッサとタイヤ交換し(てもらい)ました。

今朝は霰のようなものが積もってたし、
日中は霙のようなものが降ってたし、
って、
それぞれ漢字、
読めますか?

霰=あられ
霙=みぞれ

だそうです。

話がそれた、
山はもう雪化粧されてキレイね~なんて、
のんびりのたまわってられないくらい、
すぐそこの麓まで白くなってきて、
本格的な冬の到来にまた、
憂鬱になってきたのであります。

 

ま、
嘆いていもしょうがないので、
サッサとタイヤ交換し(てもらい)ました。

車体をあげるヤツ(何て言うのかわからない私・・・・)、
2台をまとめて使って、
一気にタイヤ2つを交換する強引なともまる。

なれた手つきなのも当然、
毎年冬が来るたびに、
家にある5台の車(軽トラ×2・MINI・母屋の乗用車)のタイヤ交換するわけですから。

冬に交換するっていう事は、
春になったまた交換するっていう事なわけで。
それを毎年毎年ずーっと繰り返してきたわけですから、
雪国の男はタイヤ交換できて当然か。

インパクトドライバー(って言うんでしたっけ?)で、
ギュギュギュ~ンとあっという間にネジ(??)を取って、
またネジ(???)をはめる。

タイヤ交換、
見ているだけなら簡単そー。

さぁ、
冬用タイヤになった事だし、
これでいつでも雪、降ってもいいぞ!

と思ったけれど、
違った違った、
堆肥散布がまだ終わってなかったんだった。
だめだだめだ、
雪、まだ降らないでね!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●連絡先が変更になりました!

2011年9月以降、
濱田ファームの連絡先が変更になりました。
大変お手数をおかけいたしますが、
変更の登録をお願い致します。

連絡先は、
HP「タンボマスターへの道」こちらのページからご確認いただけます。

なおこれまでご案内しておりました、
濱田ファームの携帯電話番号・携帯メールアドレスともに、
10月初旬以降からは使われておりません。

いろいろとご不便をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願い致します。

サンキューカード

2011年11月20日 11:21 PM

ちょっとした折に、
営業の方だったりお客さまだったり友人だったり、
いろんな関係の方から、
手書きの心のこもったお便りやハガキをいただく。

メール全盛どころか、
今やツイッターでのやりとりさえもある中だからこそ、
こういうアナログのやりとりは本当にうれしい。

私たちもできるだけ、
それがたとえ一言だけだったとしても、
手書きでお便りをするように努めています。

最近は、
気軽に思い立った時にサササっと書けるように、
家族写真付きのサンキューカードのテンプレートを利用。
写真は、
その時や送る方に合わせて変更。

実はこれ、
私の友人の真似をさせてもらっているんですが、
思いの他便利。
これからもどんどん、
思い立ったら気軽に送るようにしたいと思っています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●青空のみの市
12月も出店予定です!

12月4日(日曜日)護国神社(富山市)

雨が降らなければ、
朝6時頃からお昼くらいまで。
雨の場合はお米が濡れてしまう為、
出店キャンセルの可能性が高くなります。

こだわり栽培コシヒカリの、
小袋(2合・10合)と量り売り(1合100円~)。
無農薬コシヒカリの米粉クッキーなどを販売予定です★
減農薬コシヒカリは完売となった為、
12月以降ののみの市・マルシェでの販売はありません。

平成23年産減農薬コシヒカリ、完売しました!

2011年11月19日 10:10 PM

タイトル通りですが、
平成23年産の減農薬コシヒカリ、
おかげさまでたくさんの年間予約をいただきまして、
完売となりました!
ありがとうございました!!

今年は減農薬コシヒカリの動きがとても速く、
私たち自身もとてもビックリしております。
と同時に、
来年は田んぼをもう1枚減農薬用に増やして、
より多くのお客様にお届けしたいと思っております。

なお、
既にご案内しております通り、
無農薬コシヒカリは完売となっております。
こちらは収穫量が限られる為、
平成24年産についても、
新規のお客様からのご注文をお受けすることができない状況です。
大変申し訳ありません・・・。

無農薬については、
気軽に田んぼを1枚増やす、
というわけにはなかなかいきません・・・・。
たくさんのお客様からのご要望が多いだけに、
本当に心苦しく思っております。

これは、
私たちにとっては大きな課題であり、
今後何とかしていかなくてはいけない!
と強く思っておりますので、
長い目で見守っていただければうれしいです。

なお、
平成23年産こだわり栽培コシヒカリは、
まだまだ余裕がございます。
ご希望の方は年間のご予約も承っておりますので、
どうぞお気軽にお問い合わせください★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●お休みのお知らせ 

11月この後は、
20日(日)・23日(勤労感謝の日)・27日(日)、
12月は、
4日(日)・10日(土)11日(日)・12日(月)・18日(日)・23日(金)・25日(日)
そして30日(金)~4日(水)までお正月休みを予定しております。

濱田ファームは、
日曜日・祝日とお休みしております。
また平日は不定休です。

お休みの日は、
HP「タンボマスターへの道」でもご確認いただけます。

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント