富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

3月のマルシェ出店レポート

2012年3月13日 11:16 AM

行きも雪!
着いても雪!!
帰りも雪!!!

3月なのに、
とーっても寒いマルシェ出店となりましたが、
今回もたくさんのお客様・出店者の方・業者さん、
そして友達の面々(※1)との出会いがあり、
楽しい楽しいマルシェでした♪

まずは10日(土)、
六本木アークヒルズのヒルズマルシェから。

と、と、とにかく、
寒かった(涙)。
この日は関東でも広い範囲で雪が降ったようですが、
六本木も雪のようなみぞれのような降りしきる、
厳しい寒さの中での出店となりました。

左:
最近は、手書きのボードを掲げるようにしています。
当日の朝感じた思いを書いています。
見てくれる人も素通りする人も。
それがマルシェ。

中:
量り売りはマルシェならでは。
お客様との会話を楽しみながら、
桝いっぱい山盛りサービスで。

右:
完売した米粉クッキー。
いつもつけている飾りを用意し忘れて、
そっけないパッケージになっちゃった。
のに売れました♪


マルシェは、
自分達のブースよりも他の出店者さんのブースが、
とにかく気になる気になる(笑)!
思わずお財布のヒモがゆるくなります。

全国の旨いもんを紹介するブースで氷見うどんを発見したり、
ライバル(?)新潟県産のお米(※2)もあれば、
和歌山からは梅の花も届いてました。


この時期はとにかく、
柑橘系が豊富!
はるみちゃんにきよみちゃん、
もう私には何が何だか・・・・(苦笑)。
貴重な日本ミツバチの蜂蜜や、
美味しそうなドライフルーツ。

自分のブースをほったらかしにして、
他のブースをうろうろうろうろする私。
見ているだけでも楽しいですが、
出店者の方とお話をして買うのがマルシェならではの楽しみ方。

ただ買うだけだったら、
スーパーでもネット上でもきますからね。
マルシェではコミュニケーションを楽しむのがマル!

翌11日(日)は、
青山国連大学前のファーマーズマーケット。
こちらは良いお天気に恵まれました!

濱田ファームのブースは、
こんな感じ。
いつもと変わらず地味・・・・(笑)?

いいんです!
私たちは、
ワビサビを大事にしているので!?

私も頑張って(?)、
声を出しましたよー。

でも、
途中カナダの旅行会社勤務時代、
オフィスで苦楽を共にしたユキちゃんが遊びに来てくれたので、
すぐに戦線離脱~。

前回もカナダの友達が遊びに来てくれたし、
この日は他のカナダの友達が、
突然我が家(黒部の我が家です!)の家の前に来て携帯で連絡取ってきたりと、
カナダ時代の友達とは今でもものすごくつながっています。
私の大事な大事な人生の一部。

私がいない間は、
ともまる1人がこんな笑顔で接客奮闘!

まぁ、
お客様の数よりも、
友人・知人の数の方が多かったりして・・・(笑)?
今回も、
ともまるの友達の面々が数多く訪れてくれたようです。

忙しい1週間の、
貴重な週末のお休みに、
顔を見せに来てくれたり、
お米を買いに来てくれたり、
手伝いに来てくれたり。

本当に、
ものすごくうれしい気持ちでいっぱいです!
私たちは、
お客様はもちろん多くの友人に支えられてるんだな、
と実感するのがこの、
マルシェだったりもします。

そうそう、
今回はケーブルTVの取材も受けました!
ケーブルなのでその様子は見れないかな・・・?
と思ったら、
何と!YouTubeで見れるとか!!

早速検索してみたら、
見れます、見れます!
ともまるの取材の様子はもちろん、
私までちょこまかうつってるし・・・。
うかつだったわ、
もっとちゃんと身だしなみ整えてくれば良かった・・・・(笑)。

私たちの事はともかく、
こちらをご覧いただければファーマーズマーケットの様子もよくわかります。
他の生産者の方々も多く出演してますよ。
30分ほどの番組です。
是非ご覧ください!


青山マルシェも、
魅力的な物がいっぱいで、
またまたお財布の紐が~~~~。

珍しいお米「さわのはな」とか、
発芽玄米餅とか、
ムカゴとか・・・・。
お土産わんさか買いこんで、
昨日富山に戻ってきました!
途中、
雪で高速道路が閉鎖というハプニングもありましたが、
黒部は思ったよりも雪が降っていなくてホッ。

さて、
平成23年産のお米をたずさえてのマルシェ出店は、
これが最後でした。
忙しくなるこれからの季節は、
きっちりと米作りに専念したいと思います!
まずは、
美味しいお米をちゃんと作る。
それからお客様にお届けする。
それが私たちのスタイルです。(※3)

だからこの先は、
ともまるはもちろん私も、
農作業に係わる時間が多くなります。
これまで以上に家にいません(→きっぱり宣言!)。
つまり、
電話もつながらなければ、
メールの返信も遅くなりがちです。
お米のご注文はどうぞ、
余裕を持ってご連絡いただけますよう、
どうぞよろしくお願い致します!

以上、
マルシェ出店レポートでした!!

★ともまる今日の解説★

※1 スーツで現れたS先輩ご家族、いつもお米も買ってくれるTさん、相変わらず車好きだね~I君夫妻、お手伝い助かるわ元後輩K、みなさん本当にどうもありがとう!!あれ?O君は欠席かな?おかしいなあ、いつも来てるのになあ。おかしいなあ。

※2 新潟県産コシヒカリ2kg2800円。棚田のお米で希少価値が高いらしいです。しかし、まあ・・。

※3 「ちゃんと作る」、これが濱田ファームのコンセプトです。こうやってマルシェなどで直接販売していると、いい加減な事は出来ないなあと思います。そして、出会ったお客さんの顔とか、掛けて頂いた言葉とかが、米作りのモチベーションへとつながっていっているように感じています。
 

コメント

4 Responses to 3月のマルシェ出店レポート

  1. こーよー より:

    イケメン
     ともまるパパの取材風景を見ました。

    頑張っていますね。実は、私、接客が苦手で

    いつも逃げていますので偉いと思います。

    でもその後の取材が、イケメンのみかん農家さん、、しかもスーツだし。

    最近の石川県の若手農家もイケメン揃いですが

    やっぱり青山ともなると違うね。

    まあ都会では、田舎っぽい雰囲気が求められて

    いるんですけどね。

    私も、春モード全開になって来ました、、(炎_炎)

  2. n*cafe より:

    お疲れさまでした!
     寒い中、お疲れさまでした!

    お2人の様子をケーブルテレビで見られて嬉しいです♪

    米粉クッキーも出ていて、嬉しかったです♪

    濱田さんのお米を堪能するために・・お櫃を注文しました!

    またお米が出来るまでの様子、楽しみにしていますね。

  3. ともまる より:

    イケメン!
    こーよーさんへ
    このyoutubeで初めて自分の話している姿をまじまじと見ました。あんなしゃべり方だったのか・・と驚いたりしております。今更ですが。
    イケメンみかん農家とは僕も話しましたよ。彼は営業担当で先週ずっと都内をまわっていたとのこと。農家も営業しながら売る時代がとっくの昔に来ちゃってた感じです。
    今日は真冬に戻ったような天気で、こちらの春作業はまったく進んでおりません。でも今週中には床土も届くのでいよいよの空気感が漂っております。

  4. ともまる より:

    n*cafeさんへ
    ありがとうございます。

    今回、米粉クッキーの「帽子」を付け忘れてしまいました。でもほぼ完売しましたよ!!
    試食して、米粉だと分かると驚いている方がたくさんいらっしゃいました。

    おひつ注文されたとのこと、良いですね!
    ぜひ、よりおいしいご飯を召し上がってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です