富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種籾の催芽

2012年4月11日 9:10 AM

皆さま、おはようございます!
朝のお目覚め、いかがでしょうか?
私たちはちょっと、
寝不足気味のここ数日です。

さすがに作業がたてこんできまして、
朝は5時から仕事スタート(でも他の農家の方はきっと、もっと早いんだろうなぁ)、
夜はデスクワークがたまってたまって、
寝るのはズルズルと12時ごろになってしまってます。
夜もっと早く、
寝ないとなぁ・・・・。

さて、
育苗(いくびょう=稲の苗を育てる事)の行程も、
順調に進んでいますよ~!

1:選別
2:小分け
3:消毒(温湯消毒→直売用 農薬による消毒→農協出荷用
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種
8:ハウスへの苗出し
9:出芽
10:苗をならべる
11:潅水と温度管理

今日は5:催芽の様子です!

催芽(さいが)は、
温かいお水の中に種籾をつけて、
芽の長さを揃える重要な作業です。

こちらが催芽機。
ただただ、
催芽の為だけに、
1年に1回だけ作業所の奥の方~から、
満を持して登場する機会様でございま~す。

青いケースの中に、
浸水まで終わった種籾入りのオレンジのネットが入ってます。

こんな風に、
催芽に適した温度の温かいお水がくるくる循環して
水温が下がったり上がったりしないよう、
一定の温度に保ってくれます。

催芽は、
温度管理がとにかく大事なんだそう。

特にコシヒカリは、
出芽難の品種。
ここでしっかりと芽を揃える事が重要です。

一晩つけて、

翌朝、
芽が出揃っているか、
ともまるの細いながらも厳しい目でチェック!

ともまるの目の細さについて補足。
かつて眼科で、
本人は思いっきり目を開けているつもりなのに、
先生にもっとちゃんと開けて!
と怒られた逸話があるくらい(笑)。

む、
ちゃんと芽が揃ってるな。
よし、
今度は6:風乾だ!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です