富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種まくぞーっ!

2012年4月14日 2:10 PM

さぁ、
いよいよ育苗の一大イベントでもある、
播種(はしゅ=種まき)です!

その前に、
育苗の過程のおさらい★

1:選別
2:小分け
3:消毒(温湯消毒→直売用 農薬による消毒→農協出荷用
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種(準備編と本番編)
8:ハウスへの苗出し
9:出芽
10:苗をならべる
11:潅水と温度管理

そしてこれが!
播種作業の全貌です!!

何だか人がいっぱいウヨウヨいますね~。
そう、
この日ばかりはさすがにともまる1人では無理なので、
近所の方にお手伝いに来てもらっています。

それでは、
播種作業の流れを見てみましょう!

まずは、
種をまいて苗を育てる長方形の箱、
通称を苗箱(なえばこ)と言いますが、
これに紙をしきます(左)。

次に、
紙をしいた苗箱を、
播種機にセットします(右)。

セットされた苗箱は、
自動的にベルトコンベアで流されていき、
まずは床土が入りま~す(左)。

次に、
種がまかれま~す(右)。

さらに、
水がかけまれま~す(左)。

最後に、
覆土が入りま~す(右)。

と、
全自動状態(笑)。
苗箱をセットするだけで、
あとは勝手に播種機がやってくれるんですね~。
スバラシイ。

播種された苗箱は、
キレイにパレットに積み重ねてられていきます。

いっぱいになったら、
作業所の奥の方へ移動。
これをひたすら繰り返して、
この日は1100枚くらい播種しました~。

播種が終わったら、
休む間もなく8:ハウスへの苗出しへ。
その様子はまた明日!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です