富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

苗の水やり

2012年5月7日 4:13 PM

昨日はここ黒部も、
天気が荒れました~。

日がさしてるな

空が真っ暗に!

ものすごい風と雨

雷ピカピカ&ゴロゴロ

穏やかな晴れ

こんな感じでした。
その度に、
ハウスに駆け込みクルクルをクルクルして、
もう私、
かなり疲れましてよ・・・・。

さぁ!
いよいよ濱田ファームの田植え直前となり、
苗はいつでもスタンバイ状態となっています!

1:選別
2:小分け
3:消毒(温湯消毒→直売用 農薬による消毒→農協出荷用
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種(準備編本番編1回目本番編2回目
8:ハウスへの苗出し
9:出芽
10:苗ならべ(1回目プール編2回目通常編
11:潅水と温度管理1温度管理2

※それぞれの作業の様子はクリックするとご覧いただけます。

こちらは、
販売用の苗(近隣農家さんへ苗を売ります)のビニールハウスの方。
もうあとちょっと、
葉っぱが出てくるのを待ってます★

写真だと分かりづらいんですが、
これ、
苗にお水をあげている様子。

ビニールハウスの脇に設置したホースから、
霧状の細かい水を飛ばしています。
これを、
自動潅水といいます。

蛇口をひねると、
自動で潅水してくれちゃうのであります。

ただ、
自動潅水だけではどうしてもムラがあるので、
きちんと水がかからない場所もでてきてしまいます。
そうすると、
そこだけ苗が成長しないんですよね~。
そんな苗は販売できないので、
さようなら~。

去年までは、
それを補う目的で自動潅水の後に必ず、
手動でホースをえんやこらひっぱって水をあげていたんですが、
今年はそれをキレイさっぱりやめてみました!

手抜き、
ではなくて、
作業の効率化。

手動潅水はとにかくものすごく時間がかかって、
コスト(=人件費)がかかりすぎる。
手動潅水しなくても、
捨て苗の出る確率は本当に極わずか。

あとの苗は、
ちゃんと育つ。
だったら、
コスト削減で自動潅水1本で今年はいってみよう!
となりました。

結果は、
非常に順調なようです。
苗の販売までもあともう少し。
気を緩めずにしっかりと育てたいと思います!

あっ、
直売用の苗はプール育苗(こんな感じ)の方ですよー!
全然育て方が違います!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

超農繁期です~@@

お米お届けまでお時間がかかる場合がありますので、
お早目にご連絡いただけると大変助かります(*^_^*)。

また、
メール返信に時間がかかる可能性がありますので、
お急ぎの方はどうぞお気軽にお電話(留守電にメッセージを入れて)くださいね!

コメント

2 Responses to 苗の水やり

  1. 早宮田 より:

    Unknown
    こちらはすでに田植えしちゃいましたよ~。
    土曜日に!
    早いでしょ。
    と言っても実はコシヒカリではなく早生の酒米なんだけどね。
    皇国晴酒造に出して酒を作ってもらうのだ。
    たぶん1本くらいタダでもらえるはず!
    う~む、今から楽しみなのだ。

  2. より:

    早宮田さん
    えっ、もう終わりですか??
    この後は当然、
    コシヒカリですよね?
    先にアガリだなんて、
    私、
    許しません事よ?!

    皆があがったらまた、
    ワイン&日本酒飲み会やりましょー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です