富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

雑草の畦対策に

2012年5月24日 3:43 PM

毎日毎日、
こまごまとした、
地味な、
あまりブログネタにならない、
そんな作業ばっかりの濱田ファームです!

ま、
前にも何度か書いていますが、
米作りなんて世間的には。
田植えや稲刈りばっかりがもてはやされている(?)ようですが、
実際には田植えも稲刈りも、
米作りの極々一部の作業。

残りのほとんどは、
ここ最近お伝えしているような、
何てことない作業ばかりです。

でも、
その何てことない作業の積み重ねが、
秋の収穫につながっていくわけなんですよね。

皆さんに、
まるで一緒に米作りをしているような気分になってほしい、
そんな思いで更新しているこのブログも、
だからこそ、
日々の何てことない作業こそを、
包み隠さずお伝えしたいと思っています★

そんなわけで、
今日のネタもつまらないです(笑)。
全く派手さはありません!

あっ、
娘が邪魔ですね・・・・、

えっと、
あまってしまって、
捨てるのももったいない苗の残りを、
田んぼの畦に敷き詰めている作業です。

これが、
あまった苗。
もう、
水やりもしていないので、
枯れてボロボロ。
ちょっとかわいそうですね。

でもこの苗、
ご覧のように苗箱から出すと、
ビッシリと根が張っていて、
立派なマット状になっているんですよ★

これを、
畔に敷き詰めて、
少しでも抑草効果を期待したいなと。

どうせ、
捨てるだけの苗だしね!

cocoもお手伝い・・・?

敷いたマットを、
足でトントンと押さえて、
で、
すぐに飽きて踊りだして、
最終的には用水脇で、
ボーッと物思いにふけっていました。

畔の草刈りって、
もうそりゃーすんごい大変な作業で、
しかも刈っても刈っても終わりがないという・・・。

全ての田んぼを一回り、
やっと草刈りしたぜーと思ったら、
最初の田んぼの畦はもう、
草ボーボーですからね・・・。
夏の作業はひたすらこの、
草刈りだったりもします。

これを軽減する為に、
上の写真左のように芝を育てて畔に敷いています。
全ての田んぼを芝畔にするにはまだ、
この先数年はかかりそうですが、
地道にコツコツと芝畔田んぼを増やしていっています。

右の写真はうちの田んぼではないんですが、
除草剤をまいて雑草を枯らしています。
草刈りするんだったら、
除草剤をまいた方が楽チンですからね。
除草剤を選択する人の方が多いです。
当然。

でも私、
この景観が生理的に受け付けられないんです。
だから、
畔の除草剤禁止令を、
濱田ファームの影の代表と恐れられる私・濱田律子が発布(笑)。

よってともまる、
毎年せっせとこうして畔に、
あまった苗や芝生を敷き詰めていま~す★

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です