富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

除草剤の散布

2012年6月23日 6:33 PM

土曜日は、
仕事は休みではないけれど、
娘は保育園お休みなので、
何だかバタバタしています・・・。

仕事、
したいけれどできない。
娘、
遊びたいのに遊べない。

お互いフラストレーションがたまる、
という、
1週間で一番良くない1日なような気がします。

が、
考え方によっては、
私の仕事を見てもらえるから、
それはそれでいいのかな。

さてさて田んぼでは、
梅雨の季節ですが、
週末のお天気がなかなか良さそうだったので、
除草剤の散布をまいています。

ブームスプレイヤーという機械は、
両手がものすごい長さ。
その先から、
液状の除草剤が散布されます。

これは、
こだわり栽培コシヒカリの田んぼですが、
田植え時に除草剤をまいたのに、
ご覧のとおりの惨状・・・。

こうなってしまうともう、
お手上げ状態。

仕方なく、
中後期除草剤ももう1回使います。

ブームの後ろのタンクに、
用水からくみ上げた水で希釈して。

そのまま田んぼに入って、
除草剤をまいていきます。

農薬をできるだけ使わずにお米を作りたい、
という気持ちはありますが、
田んぼの中の除草剤だけは、
どうしても頼らざるを得ない状況です。

本当は、
こういう作業風景は印象として良くないんだろうし、
見せたくないというのも本音ではありますが、
これが私たちの実情です。

こだわり栽培コシヒカリの田んぼでは、
除草剤を2回散布(田んぼにより1回)します。
農薬の成分使用回数という言い方で表すと、
2回です。

減農薬コシヒカリの田んぼは、
田植え同時散布の除草剤を1回。
成分使用回数も1回。

無農薬コシヒカリの田んぼは、
もちろん散布しません。

それ以外の農薬使用など、
詳しくはHPの、
お米の種類のページでもご確認いただけます。

コメント

2 Responses to 除草剤の散布

  1. 宮田 より:

    チェック
    「…除草剤の散布をまいています…」
    疲れているな。

  2. より:

    宮田さん
    馬から落馬
    雷が落雷
    腹痛が痛い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です