富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

お米の保管にご注意ください!

2012年7月7日 2:28 PM

昨日・今日と、
かなりの雨が降っています。
さすがに梅雨。
皆さまお住まいの地域は大丈夫でしょうか・・・・?

蒸し暑い梅雨のシーズンになると、
心配なのがお米の保管の事。

長期間保存がきく!
と思われがちなお米ですが、
実は暑さと湿気が大の苦手。

お米も野菜と同様生鮮食料品。
きちんと保存しなければ、
風味が損なわれるのはもちろん、
虫がわいたりカビがでたりもしますので、
これからの季節、くれぐれもご注意くださいね。

濱田ファームでは、
専用の保冷倉庫と保冷庫でお米を保管しています。
ご家庭では、
玄米・精米にかかわらず、
気温の低い風通しの良い所で保管してください。

最適なのは冷蔵庫の野菜室。
密封容器や袋に入れ替えると、
湿度もちょうど良くお勧めです!

やむを得ず常温で保管される場合には、
虫にどうぞご注意を。
というか、
でてきてもビックリしないで落ち着いてください(笑)。

お米そののもを、
消毒・殺菌しているわけではありませんので、
一定条件さえそろえば虫はでてくるものです。

虫は、
取り除きさえすればお米には問題はありません。

でも、
できるだけ虫は見たくないですよね・・・。
私も虫が苦手なので同じ思い・・・。

気休め程度ではありますが、
そんな時には唐辛子!
昔の人は防虫効果を期待して唐辛子を使っていました。

濱田ファームでは現在、
絶賛!?唐辛子プレゼントフェア開催中!?
でありまして、
お米の保管に注意していただけるようご案内するとともに、
唐辛子をプレゼントしています。

どうぞお使いください。
そして、
虫とのご対面をできるだけ避けていただければと思います★

なお、
虫とは関係ないお話しですが、
精米したお米は日が経つと劣化して風味が落ちますので、
季節に係わらず1カ月程度でお召し上がり下さいね\(^o^)/

お米を最適な状態で保管していただき、
最後まで美味しく食べていただければ、
私たち生産者はとてもうれしく思います!

今月の、
「ドライバーさん、お米を注意して運んでくださいね」シールは、
季節にちなんでアジサイ。

お米を受け取った方に、
少しでも季節を感じていただけたら、
これまたとてもうれしく思います♪

コメント

5 Responses to お米の保管にご注意ください!

  1. なとりそう より:

    保管場所
     ご無沙汰しております。今はインド在住で米は日本から取り寄せています。保管方法をどうしたものかと悩んでましたが、こちらでは気温の低い風通しの良い所、というのは存在しません。巨大な冷凍庫にいれといてもかまわないものでしょうか?教えて下さい。

     宜しくお願いします。

  2. より:

    なとりそうさん
    お米を冷凍庫で保管するという話は、私はきいた事がないのと、
    ダメな理由をきちんとは説明はできないのですが、解凍する過程でお米がかなり傷みそうなのでお勧めできません★

    お米の保管は原則、低温の保冷庫です。
    私たち米農家や流通業者さん、政府の備蓄米なども保冷庫や保冷倉庫で保管します。

    ご家庭では冷蔵庫の野菜室がそれにあたるのですが、
    野菜室の利用が難しい場合は、少量ずつ取り寄せられる以外はないかと思います(*^_^*)

  3. なとりそう より:

    保管場所2
    ご回答ありがとうございます。
    こちらでは米含め日本の食材はほとんど入手できませんので、年にまとめて何回か日本より送る&タイに買い出し、という感じです。残念ながら少量づつ取り寄せ、はできないんですよねえ。
    まあこちら香辛料だけは大量にあるし、なんとかしてみます、虫が出ても死ぬことはないですし。虫が出るより、貴重な日本米が蟻に食われるのが怖いんですけどね。

  4. ともまる より:

    なとりそうさんへ
    ご無沙汰しております。濱田@大和魂です。
    タイでの生活は、facebookで拝見しております。
    楽しそうですが、大変そうですね。

    さて、お米の保管については妻が回答したとおりです。
    密閉容器でなるべく空気に触れないようにしておけば、常温でも少しはマシなのではないかと思います。
    タッパーやジップロック、何かの空き瓶(蓋付き)などで小分けしておくのも良いかもしれないです。

    異国の地での奮闘生活、応援しております。
    タイかあ、いいなあ・・。

  5. ともまる より:

    タイではなくインド
    でしたね。すみません。
    いずれにせよ、楽しんでください!
    濱田智和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です