富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

黒米を天日干し!

2012年9月26日 2:54 PM

ほとんどお客様の来ない(→それもどうよ・・・笑・?)お店で、
パソコンを睨みつけながら仕事をバリバリしていて、
油断してたら突然初めてのお客様が来た!
うわー、
どーしよー、
と挙動不審で怪しがられる私、
富山県黒部市の米専業農家・濱田ファームの嫁、
濱田律子です。

まだまだ修行が足りないな、
私。

さてさて昨日で濱田ファーム、
最後の稲刈りでした~!

いつものコンバインでバリバリ、
ではなく、
こんな風にね♪

これは、
バインダーという機械。
1条(=1列)づつではありますが、
稲を刈り取ってくれて、
さらには束ねて縛ってくれるという優れもの!

刈り取った稲は、
コシヒカリではなく黒米。

紫宝(しほう)という、
もち米の品種です。

殺菌剤・殺虫剤・化学肥料を使わずに育てた黒米は、
実に3年ぶりとなる収穫です!

その間の2年間は、
実は栽培に失敗しておりまして・・・。
うまく色づかないとか、
種から全く芽がでない、
とかもう散々でした。

そして今年、
久しぶりに収穫できるぞー!
と喜んでいるんですが、
何せ田んぼ1枚も作っちまった!!
えぇぇ、
これ全て黒米です。

こんなに作ってどうするんだ?!
と、
今からかなりビビっておりますが、
できっちまったもんはーしょーがねー(今日は江戸っ子だぜー)、
みんな、
買ってくんなー!

ともまるもバインダーが初めてなら、
お手伝いに来ていただいたタナカさんも初めて。

そもそもこのバインダー、
得意のMHKのM!
つまり、
もらってきたもの。
を、
整備して使えるようにした年代物。

最近あまり、
お見かけしませんよねぇ。

でも性能はすごいですよー。
こんな風に、
バリバリ刈り取って束ねて行ってくれるんですからー!

コンバインと違って、
田んぼの中を歩かなくてはいけませんが、
歩いた後には稲穂の束がバッタバタできあがっていきます!

バインダー、
すごいぜー!!

手刈りよりも断然早いし、
コンバインと違って、
かゆくならないし(笑)。

侮れません!!

さぁ、
次はこれを組み立てますよ。

乾燥させるために稲をかける棒を、
この辺りでは「はざ」と呼びますが、
さすがのMHK会長のともまるも「はざ」は見つけられなかった!

ので、
ホームセンターで「はざ」代わりになるこの、
「ほすべ~」を買ってきました。
それにしてもねぇ、
この名前、
ねぇ・・・。

名前はさておき、
組み立ては簡単!
現代の「はざ」は頑丈だし、
なかなか使い勝手良さそうです!

ちなみに、
MHKとは何ぞや?!
という方、
濱田ファームのHPのともまるのページをチェックです!

これが大変だった!
の、
刈り取られた稲の束運び。

広い田んぼに、
あっちこっちに散乱している束を集めて集めて、

そして、
「はざ」にかけていきます。

お手伝いのヒロキさん。
懐かしいわ~!
と、
しきりに言っておりました。

まだ、
身体がしっかりと覚えてるって。

刈っては干し、
刈っては干し、
を繰り返し、
たった1反(300坪ちょっと)の小さな田んぼを、
半日以上かけてようやく「はざ掛け」にしました。

さらにこの状態で数日、
ゆっくり時間をかけて乾燥させます。

コンバインで刈り取って、
乾燥機で乾燥させる現代農業と、
えらい違いです!

ちょっと大変だったけれども、
でも見てください、
この景色を!

非常ーっに絵になります!
これを見ると、
苦労も吹っ飛びます!!

9月下旬までの、
期間限定のはざ掛けの景色。
お近くの方は是非ご覧くださいね!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です