富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

黒部のお米をもっと美味しく!

2012年12月26日 4:51 PM

残業はもちろん、
できれば休日(しかも年末年始だー!)出勤だけは避けたい、
富山県黒部市の米専業農家・濱田ファームの濱田律子です!

誰もが残業も休日出勤もしたくないとは思いますが、
もう!
そこまで迫っている!!
年末年始のお休み!!!
の前の、
怒涛の仕事量にアップアップしております・・・。

幸か不幸か、
残業も休日出勤も、
やろうと思えば気軽にできちゃう自営業♪
危険です♪♪
超・危険です♪♪♪

一方のともまるは、
今日はちょっと真面目(?)な会合に参加中の模様。

黒部の農家が、
(恐らく)一同に会していると思われるその会場の様子。

割と改まった会合(のはず)、
ジャケットをきちんと着ている農家さんもいれば、
ともまる筆頭に作業着という超ラフな農家さんもいる、
のかな。

会合の内容は、
なになに?
黒部のお米をワンラックアップ!

って、
これは商標登録されている「黒部米」のお話。
黒部産のお米で農協に出荷された一定基準を満たすお米は、
「黒部米」として主に名古屋で販売されています。

そうなんです、
黒部のお米は名古屋にいってるんですー、
へー、
ほー。

今回は、
黒部米を買っていただいている業者さんを交えて、
販売戦略やら品質向上などを議論しているようです。

濱田ファームは、
お客様に直接販売しているお米とは、
全く異なる栽培方法で育てたお米を小量ですが、
農協さんに出荷しています。
ので、
今回の会合に参加しているというわけ。

出荷しているお米は本当にわずかですが、
こういう場で何かしらのチップ(※1)を少しでも得られればいいな、
と思います。

※※ともまる今日の解説※※

お久しぶりです。解説というか補足。

(※1) 
N食糧からの提案は刺激的やったね。
黒部米ブランド化戦略の主導権を流通が握って、生産をコントロールしていく・・。
それくらいの荒治療じゃないと一地方JAが生き残って行く道はないかもしれない。
それにどの程度生産者(高齢農家)がついて行けるか、モチベーションを上げていけるか、この辺りが成功の鍵やろうねえ。
来年度からのJAの取り組みに期待しております。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●年末年始のお休み

12月30日(日)~来年1月3日(木)まで、
お休みいたします。

ご迷惑をおかけ致しまして申し訳ございませんが、
この間のお米のご注文やお問い合わせについては、
休み明けの4日(金曜日)にご連絡させていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いたします。

なお、
定期配達・発送の分については、
休み期間中でもお米をお届けできるようにしております。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です