富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種籾の消毒

2013年4月1日 3:07 PM

新しい年度の始りの今日、
娘は新しい保育園に登園していきました。
新しい先生は、
何と男の先生!
娘はちょっと恥ずかしそうにしながらも、
とってもうれしそうにしていました。

娘の性格からして、
新しい環境でも元気にやってくれると信じていますが、
でもやっぱりちょっと心配・・・・

する暇もないくらい、
忙しい一日だったりしますが・・・・(笑)。

さてさて、
育苗(いくびょう=稲の苗を育てる事)も順調に進んでいますよ~!

この先1カ月半近く、
毎日休みなく続く育苗作業の行程、

1:選別
2:小分け
3:消毒
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種
8:ハウスへの苗出し
9:出芽
10:苗をならべる
11:潅水と温度管理

の、
今日は3:消毒の様子をお伝えいたします!

農薬を使う消毒方法もありますが、
濱田ファームでは温湯(おんとう)消毒をしています!

注:直売分のみ温湯消毒。
農協さんへの出荷分は農薬による消毒。

読んで字のごとく、
温かいお湯での消毒。
実際には60℃のお湯なので、
温かいではなく熱いです!

お湯の温度を常に保ってくれる、
専用の農機具「湯芽工房」ももちろん、
MHK!

こちらが、
小分けされた種籾
これからお湯にジャボンとつけられて、
消毒されますよ~。

消毒の目的は病気の予防。
コシヒカリは病気に弱い品種なので、
しっかりと消毒します!

60℃のお湯に、種籾投入~!
袋の中心の方の種籾にも、
しっかりとお湯がいきわたるようにします。

そしてこのまま待つ事10分。

60℃という温度はもちろん、
この消毒時間もきっちり10分と決まっています。

温度が低すぎたり時間が短すぎても消毒できないし、
高すぎるたり長すぎると今度は、
茹であがっちゃう。

左:10分たったらお湯をしっかりきって、
右:今度は冷水にジャボン。

熱いお湯から、
冷たいお水へ。
種籾ものんびりしている暇はありませんね(笑)。

お水でちょっと休憩してもらったら今度は、
4の浸種の行程です!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です