富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種籾の浸種

2013年4月2日 2:23 PM

片づけなくてはいけない仕事、
やらなくてはいけない仕事、
が、
全くできずに1日があっという間に終わっていく・・・・。

そんな日々を過ごしている私、
富山県黒部市の米専業農家・濱田ファームの濱田律子です!

手帳に、
ぎっしりやる事リストを分刻みで書いてしまっていて、
自分で自分の首をキューキュ締めまくり。
キュー。

そんな中ではありますが、
育苗(いくびょう=稲の苗を育てる事)には最優先で取り組んでいます!
当たり前だけど、
さ★

この先1カ月半近く、
毎日休みなく続く育苗作業の行程、

1:選別
2:小分け
3:消毒
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種
8:ハウスへの苗出し
9:出芽
10:苗をならべる
11:潅水と温度管理

の、
今日は4:浸種(しんしゅ)。

漢字というのは便利な物で、
読んで字のごとくの作業です。
種を水に浸すこと。

この過程で、
種籾にしっかり吸水させて、
発芽のための生理活性をそろえます。

その水を、
2日毎に交換する為に、
小分けした種籾を新しい桶に移動して、

よっこらしょっと、
フォークリフトで軽トラの荷台へ。

ビニールハウス脇の、
自噴水の井戸へ移動して、
新鮮な自噴水を入れてやります。

作業所にも実は、
自噴水が2か所出ているくらい、
この辺りは至る所から水がコンコンと湧き出てくる場所。
北アルプスからの雪解け水が、
黒部川扇状地の地下を巡り巡って、
ちょうどこの辺りで湧いてくるんだそう。

作業所よりも、
ハウス脇の自噴水の方が噴出量が多いので、
こちらの水を利用しています★

ほらね、
すごい水量でしょ?!

濱田ファームでは、
育苗期間中は全てこのミネラルたっぷりの自噴水を使用。
浸種で使う水も、
苗に与える水も、
ぜ~んぶ自噴水です!

自噴水は、
冬でも夏でも水温は13-14℃。

1週間くらいつけて、、
積算温度(水温×日数)が100℃くらいになったら次の、
5:催芽の行程に入ります!

コメント

2 Responses to 種籾の浸種

  1. こーよー より:

    凄い水量!
     種籾の管理をしていますが、この水量は、

    羨ましいですね。うちは、チマチマと細いホースで

    水の入れ替えをやるので暇のかかること(* ̄▽ ̄*)

    井戸水ですが町内の簡易水道も兼ねていて

    朝、この作業をすると二階のトイレの水がぁ、、(×_×)

    今日は、久しぶりの雨で細々とした作業をしています。

    私は、机の上のエベレスト状の事務作業にうんざりして

    フェイスブックやネットに逃げています、、( ̄○ ̄;)

  2. ともまる より:

    こーよーさんへ
    水だけは豊富です。
    水がありすぎるので、沼田が多いのも自慢です(涙)
    今日は一日雨でしたが、バイトに来てもらっていたので、ハウス内の作業をコツコツやりました。
    おかげでずいぶん挽回できましたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です