富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

田んぼの水管理

2013年5月21日 11:57 AM

田植えが終わったので、
昨日は久しぶり(2カ月ぶり)にお休み!
と言っていたともまる。

その割には、
午前中から農家仲間の田植えの見学&手伝い、
午後からは直売業務(精米や発送など)、
朝と晩は田んぼの水を見て回って、
と、
どこがどうお休みだったのか、
私には意味不明です(笑)。

まぁ、
本人にとっては、
2ヶ月間ずっと続いていた緊張の糸がプチンと切れて、
ホッと心が休まったんでしょう。
なんせ、
鼻歌まで出てましたからね(笑)。

そうとう、
ご機嫌は良いみたいです(笑)。

田植えが終わっても、
田んぼの水管理はもうしばらく続きます!

荒くりが始まった頃(4月20日くらい)からずっと、
田んぼの水の調整をしていて、
荒くりにちょうど良い水位、
それから今度は代かきに適した水位、
田植え前には水を抜いて、
田植えが終わったら今度はまた水を入れる。

そんな風にして、
とにかく水!水!!水!!!
な日々が続いています。

田んぼの水を入れたり止めたりする作業は、
早朝。
または夜遅く。

写真の通り、
農道には街灯がありませんので、
軽トラのライトだけが頼りです。
はっきりいって、
夜道をウロウロさまよう軽トラとともまる、
怪しいです。

そのうちつかまりそうな気もしますが、
まぁ、
田んぼでこうやって夜ウロウロする人は、
この時期どこにでもいるでしょうから、
警察も慣れてるかな(笑)。

田んぼの大きさもそれぞれなので、
水がいっぱいになる時間もそれぞれ。
水がすぐにたまる田んぼもあれば、
逆にすぐに水が抜けていく田んぼもあります。
1枚1枚、
しっかりと水を管理する事、
それが米作りでもあります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

平成24年産のお米の在庫ですが、

こだわり栽培コシヒカリ 完売
減農薬コシヒカリ ほぼ完売
無農薬コシヒカリ 完売

となっております。

平成25年産のお米は、
10月からご用意できる予定です。
9月に入りましたらご予約を承ります。

24年産のお米を年間予約されている方で、
多めに予約されている方は、どうぞお早目にキャンセルのご連絡をお願い致します!

毎年新米が出る直前のキャンセル、
キャンセルの連絡がないまま新米のご注文など、
在庫管理に大変困っています(*_*)

お早目にキャンセルのご連絡をいただければ、
他にご希望のお客様に販売させていただけます。
ご協力をどうぞよろしくお願い致します!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です