富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

米・食味鑑定士(お米ソムリエ)に合格しました!

2014年9月5日 4:30 PM

こんにちは!
富山県黒部市の米専業農家・濱田ファームです。

コシヒカリの稲刈りまで、
あともう少しとなりました。
今年は出穂(しゅっすい=穂が出てくる事)が早かったので、
稲刈りも早いか?!と覚悟していたんですが、
夏が涼しかったせいか、
ただ今、登熟(とうじゅく=穂が熟してくる事)待ち状態です。

来週8日くらいから、
稲刈りになりそうかな。
という事は、
だいたい例年通りの運びとなりそうです。

人は、
雨が多かったり少なかったり、
日照時間が長かったり短かったり、
少しの自然の変化にも敏感に、
それを異常気象とつい言いたくなるのかもしれません。

でも、
自然の大きな流れの中では、
もっとゆっくりとした時間が流れていて、
年間の降雨量や日照時間は、
きちんと統計を調べたわけではありませんが、
何となくほぼ例年通りになっているのじゃないかなと、
毎日田んぼに出ているとそう感じる事が多かったりします。

その中で、
良い年もあれば、
悪い年もある。
大自然に、
怖れと敬意をはらっていれば、
簡単に異常気象という一言で済まされないような気がするのは、
私だけでしょうか。

今年は、
お米は残念ながら収穫量は少なくなりそうです。
品質は問題ないと予想していますが、
量が少ないのはやっぱりちょっと残念。

でもまぁ、
そんな年もあると気持ちを切り替えて、
この後の収穫の時期を迎えたいと思っています。

さて!
先日私の元に届いた、
『重要』ハンコの押された封筒。
差出人は、
米・食味鑑定士協会

7月に1人で上京して受講
した、
米食味鑑定士(お米ソムリエ)の合格通知でした!

落ちる事はない(本当か?!)と聞いていたテストでしたが、
でもやっぱり、
ちゃんと合格通知がきてホッとしたのも事実。

米・食味鑑定士は、
稲作を核とした日本の食文化を守り、
お米の「食味」「品質」「栽培法」を鑑定し、
お米の品質を保証する資格。

講習はたった2日間で、
その中でお米の世界の事を全て学ぶのは不可能に近く、
私もただ講習の話を聞くだけの受け身の姿勢でした。

でも、
資格を取得した後にどれだけ自分が努力して、
より深くお米について学ぶか、
この資格をどう生かすかはその人それぞれなのかもしれません。

私自身、
この資格を取ろうと思ったきっかけが、
単にこの資格がどんなものなのかを知りたい。
その思いだけだった部分もあるので、
この先の米作りにどう活用していこうか、
じっくり考えたいと思います。

そして、
最近届いた賞状と証明書。

大人になってからなかなか賞状をもらえる機会なんてないから、
微妙にうれしいかも・・・(笑)。
額にでも飾ろうかしら・・・(笑)。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です