富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

籾殻堆肥熟成中

2014年10月31日 11:14 AM

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

今日は薄曇りの黒部。
明日からの3連休もお天気はあまり良くなさそうです。
明日1日(土)はお仕事をしますが、
2日(日)と3日(月・文化の日)の2日間は、
久しぶりに私たちもゆっくり休もうかなと思っています。

10月は本当に忙しくて、
直売業務では新米のお届け、
そして農作業では麦の種まきに追われていたんですが、
もう1つ農作業、
籾殻(もみがら)堆肥の仕込みもしていました!

稲刈りが終わってすぐに、
乾燥調製(=刈り取った籾を玄米の状態にする事)の際に大量に出てくる、
籾(もみ)を使って仕込む堆肥。

籾と米ぬか、
そして熟成を進める微生物であるVS菌、

VS菌の餌となる油粕、

を、
大量の水をかけながら、
よ~く混ぜていきます。
混ぜるっていっても、
手作業では混ぜられるような量ではないので、
もちろんトラクターが出動です!

あっ、
水をかけているのはうちの娘、
そして視察で遊びに来てくれていた若者2人(→詳しくはこちら)。

仕込んでから約20日後。
今度は切り返し作業で、

表面に出ている部分と、
中に隠れている部分を混ぜてやります。

ほら、
熟成が進んでいる籾は茶色いけど、
進んでいない籾はまだ薄い色。

これを切り返して、
均等に熟成が進むようにしてやるんです。

さらに20日間ほど寝かせて、
しっかりと熟成させたら出来上がり。

これを、
無農薬&減農薬コシヒカリの田んぼに散布します!

そろそろ堆肥もいい感じに熟してきているようなので、
11月に入ったら散布作業ができそうです。

コメント

2 Responses to 籾殻堆肥熟成中

  1. jyk より:

    イタリア米
    ちょこっとお邪魔しましたら留守の様でした その前も行きましたらその日も留守でした どうも私には悪霊神がついているのでしょうか、イタリア米はあきらめました

  2. 濱田律子 より:

    jykさん
    あらら、
    何度も来ていただいたのに申し訳ありません。
    これにこりずに、
    また前を通られる事があれば是非、
    お立ち寄りくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です