富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

ありとあらゆる機械の掃除と整備!

2015年8月24日 10:05 AM

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

今はひたすら稲刈りに向けて、
ありとあらゆる準備に追われる日々。

ご注文の対応はこれまで通り、
土日祝日お休みとさせていただいておりますが、
その間も作業は休みなく必死の形相で進めています!


コンバイン

乾燥機
と2大勢力をやっつけたので、
今は乾燥調製という作業に必要な、
ありとあらゆる機械、
しかも1年に1回、
この時期のわずか数日間しか使わない農機具の、
掃除・整備・準備をしています!

コンバインも乾燥機も、
どちらも必要不可欠な農機具ですが、
上の写真に写っている農機具たちも、
どれ1つかけても乾燥調製できない、
これまた絶対に必要なものだったりします。

乾燥調製とは、
刈り取った籾を保管に適した水分に乾燥させて、
もみ殻をとって玄米にし、
さらに石や異物などを取り除いて、
色がついてたり未熟な粒を選別して、
きれいな玄米の状態にする事。

この作業が、
稲刈りと並行して行われます。

我が家はともまるが一人で、
日中に稲刈りをし、
夜に乾燥調製作業をするという、
なかなかハードなスケジュールをこなします。

これは、
色彩選別機という農機具。

超高速で玄米を流しまくり、
その中から虫食いの粒や未熟な粒を察知し、
ピッとはじき飛ばす恐ろしい機械。

これがあるおかげで、
ほんのり茶色い綺麗な玄米だけが選別されるという仕組み。

この時期(だけですが・・・)、
色彩選別機に足を向けて眠れません!

と書きつつ、
昨晩もぐっすりと寝ちゃって、
色彩選別機に思いをはせる余裕はありませんでした、
あはは。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です