富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

長野から、濱田ファームへようこそ!

2015年8月31日 2:52 PM

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

ここ数日雨が降っていて、
稲刈り前の田んぼは相当ぐちゃぐちゃになってしまいました。

あぁ、
今年の稲刈りは、
ちょっとハードルが高くなってしまいました。

乾いた田んぼだとコンバインの操作性が上がり、
ストレスなく快適な稲刈りができるんですが、
ぐちゃぐちゃな田んぼでは、
コンバインがちゃんという事を聞いてくれないので、
かなり作業が遅れがちになります。

遅れるだけならまだしも、
コンバインが田んぼにはまるという最悪な事態も・・・。

この辺りは、
黒部の中でもかなり深い、
底なし沼のような田んぼばかりなので、
コンバインもけっこうはまります。

そういえば数年前もはまったなー。
あの時はそこらじゅうのコンバインがはまりまくって、
救出活動も大変だったなぁ。

今年がまたそういう年にならないよう、
お天道様に祈るばかりです★

さて。
濱田ファームには何故だか、
全国から農家さんや農家を目指す若者が遊びに来てくれます。

なんでだろう?
楽しそうに農業をやってるからかな??

ふふふ、
楽しそうなのは実はうわべだけ、
実態はかなり過酷なんですけどね。
皆さん、
騙されてますね、
ふふふふふ。

そして今回も!
騙された若者2人が長野から遊びに来てくれました!

いえ、
騙しても私たちには何のメリットもないんですけどね。

このお二人、
がんも農場という屋号で頑張っておられる、
クロダ君ご夫妻です。

正真正銘の新規就農、
東京でのサラリーマン生活にピリオドを打ち、
今は長野で頑張って米作りをしています。

いやぁ、
すごいなぁ、
何もない所から一から米作りを始めるのって、
相当にすごい事ですよね。

米作りってとにかく農機具がたくさん必要で、
それを購入する資金がとにかく新規就農者にとってはネックなわけです。
我が家は今でもMHKで何とかやってますが、
クロダ君も就農6年目にして未だにコンバインを持っていないんだとか(笑)。

わかります、わかります!
コンバイン、
超高いもんねぇ。
うちも今のコンバイン壊れたら、
農家やめる宣言をずっとしてるくらいだもん(笑)。

注:MHKとは、
M=もらう
H=ひろう
K=かりる
の事。

今回は、
無農薬の田んぼが見たいというリクエストにこたえて、
あえて草取りしていない草ボーボーの圃場をご案内しました(*^^*)

どーだー、
これでもかー!
っていうくらい草が生えてるだろー。
これで満足だろー(笑)。

実はクロダ君とは、
以前からの知り合い。
というか、
ともまるの友達の知り合い。

というかというか、
詳しく書くとなんじゃそりゃ?というご縁なんですが、
ともまるの車関係の友達、
仮にGナマさんという名前にしておきましょう。
そのGナマさんが入り浸ってるとある東京のバーで、
たまたま隣り合わせに座ったクロダ君。

ふと米作りの話になり、
Gナマさんが俺も米作ってる友だち(→ともまるの事)がいると盛り上がり、
Gナマさんからクロダ君という米作りを頑張ってる若者がいると紹介を受けたのがきっかけ。

本当に不思議なご縁で知り合ったわけですが、
こういうのがあるから人生おもしろいな、
と思うわけです。

あっ、
夏休み最後の宿題に追われていた娘も、
一緒に田んぼを見学。

バッタをつかまえて、
それはそれは嬉しそうでした。

皆で一緒にご飯も食べて、
限られた時間だったけど、
何となく私たちの米作りのスタイルを感じてもらえたかな、
と。

いやぁ、
こうして全国からたくさんの農家の方に来てもらえるのって、
忙しい時期だとバタバタになってしまって申し訳ないんですが、
たくさんのパワーと刺激をもらえて本当に嬉しいです。

クロダ君、サキちゃん、
遊びに来てくれてありがとうね!
今度はゆっくりマルシェの後でも飲もうね!!!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です