富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

堆肥の仕込み中です!

2015年10月8日 3:19 PM

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

まだまだ新米へのお問い合わせが多く(詳しくはこちら
発送・配達作業に追われておりますが(詳しくはこちら
今週末のマルシェ出店の準備もあり(詳しくはこちら
何だかバタバタしております。

そして!
農作業の方もやらなくてはいけない事がてんこ盛り!

稲刈りが終わったらそれで農作業が終わり、
というわけではもちろんありません!
いろいろと片づけもしなくてはいけないのですが、
それはとりあえずおいといて、
期限が迫っている農作業から優先順位を決めて1つ1つ進めていっています。

まずは、
何をおいても堆肥作り!

10月初めに堆肥を仕込み、
完熟したいい堆肥になるまで約40日・・・。

できあがるのは11月の中旬。
それから田んぼに堆肥をまいてとなると、
後はもう雪が降る前に大急ぎでやらなくてはいけません。

だから、
稲刈りが終わったら、
何をおいてもまずは堆肥作り。
これが優先順位の第一番です!

自家製の堆肥は、
稲刈りをして乾燥調製をする過程(刈った籾を乾燥させて殻を取り玄米の状態にする事)で、
たくさん出てくる籾殻(もみがら)と、
上の写真の油粕、

そして微生物、
他に米ぬかや水を加えて作ります。

トラクターでよーく混ぜ混ぜして、

かき混ぜてかき混ぜて、

広げて広げて、

水をかけて水をかけて、
そうして後は熟成させるだけ。

40日後には、
ホッカホカの堆肥が完成している予定です!

堆肥を仕込んだら、
次の農作業!
は、
転作の大麦の種まき!

種まきなんて書くとのどかですが、
種をまく前に田んぼを起こして溝を切って肥料をまいてと、
準備もいろいろ。

まだまだ忙しい日々が続きそうで~す。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

●マルシェ出店のお知らせ

10月10日(土)ヒルズマルシェ@六本木アークヒルズ
10:00~14:00

10月11日(日)青山ファーマーズマーケット@青山国連大学前
10:00~16:00

無農薬コシヒカリの小袋や量り売り、
黒米・イタリア米・米粉などを販売します。

●お休みのお知らせ

マルシェ出店にともない、
10月10日(土曜日)~12日(月曜日)までお休みします。

ご迷惑をおかけ致しますが、
どうぞよろしくお願い致します!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です