富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2月マルシェ出店レポート

2016年2月24日 5:34 PM

無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

もう3月もすぐですが、
今日は雪がしんしんと降っています。
まだまだ冬の黒部。
今週も寒そうです。

さて先週は東京でのマルシェに出店してきたので、
そのレポートをお伝えいたします。

まずは、
20日(土)のヒルズマルシェから。

毎週土曜日に六本木アークヒルズで開催されているヒルズマルシェは、
「作り手に会えるマルシェ」がコンセプト。
農家に会って、
農家とお話しして、
農家から買う。

さらに、
近隣住民から愛されるリピーター型のマルシェでもあります。
こじんまりしていて派手さはないけど、
お客様が見て楽しむというより、
買いに来るマルシェ。

今回のディスプレイはこんな感じにしてみました。

10月から3月までの農作業が落ち着く期間だけ、
しかも月1回だけの出店ですが、
出店するたびにあーでもないこでーもないと悩むディスプレイ。

出店するたびに、
今度はここをこうしよう!
あれはああしよう!!
と改善を加えています。

誰も気づかないような、
本当に小さな事なんですが、
これがPDCAなんだ!
という事に今さらながら気づきました。

最近ちょっぴり勉強してPDCAという単語を知ったんですが、
なんだ、
私たちずっとそれやっていたじゃんと。

問題は、
やってはいるけど売り上げアップには全くつながっていない事でしょうか(笑)。
いいのいいの、
私たちマルシェにはお米を売りに来ているんじゃないんだから。
人に会いに来ているんだから!!

と、
開き直ってみましたが、
今回は、
私たちにしては大きくディスプレイを変えてみたんですが、
いかがでしょう?

えっ、
どこが変わったか気づかない・・・(笑)?

これです、これ!
濱田ファームのタペストリーを飾ってみましたよ~!

濱田ファームが、
どういう所で何を作っている農家なのか、
一目でわかるような物を作って欲しい!
デザインはおまかせ!
と、
いつもの事ながらワガママなリクエストにばっちり応えていただいたのは、
コミュノグラフのアキヤマさん。

タペストリーは2枚仕立てで、
今回は1枚しか飾れなかったので全体像をお見せできないのが残念ですが、
北アルプスから流れて来る黒部川沿いでお米を作ってる事がわかるデザインに、
山の上にはちょこんと黒部ダムがあって、
海にはブリやホタルイカが泳いでいてと、
ディテールまで凝った作り。

アキヤマさん、
ありがとー!
お客様からも好評で、
これで手ぬぐいとかあればいいのにっていうお声もいただきましたよ~。

前回のマルシェで玄米がすごく売れたので、
今回は「玄米あります」を大アピール。
結果、
すごく売れました。
結果、
白米がものすごく売れ残りました(笑)。

写真も新しいものに差し替え。

黒部ってこんな所なんだー、
と少しでも感じてもらえたら嬉しいなと。

カナダの国旗はかなり目立つらしく、
何人からか声をかけられました。
カナダ出身の方もけっこう多くて、
どうしてカナダ?と。

前に住んでいたことがありまして、と、
そこから会話が広がって、
最終的にお米を買っていただく事もあります。

ともまるの趣味の、
おもちゃ(と書くと怒られそう・・・)のトラクターも新調。

ともまる曰く、
かなりディテールまで凝ったおもちゃなんだって。

それに吸い寄せられるのは、
子どもはもちろん大人まで。
車の威力はすごいです!
これが一番、
お客様へのアピールになっているような気がします(笑)。

そうそう、
テーブルクロスも明るい色に変えてみました!

こういう小さな改善は、
全く売り上げにはつながりませんが、
こういう小さな改善こそが、
ブースの雰囲気づくりにつながっているのではないかなと。

そう思うようにして、
これからもPDCAを回していきたいと思います!
脇坂さん!!
と、
脇坂さん(今通っている農業経営塾の先生です)にPR♪

お米を売るのではなく、
人に出会うのが私たちのマルシェのスタイルと書いた通り、
この日もたくさんの方に来ていただきました!

●エグチ様
いつもヒルズマルシェに来ていただくお客様。
いつもどころか毎回(笑)。
ほぼ皆勤賞のような気がします(笑)!
本当にありがとうございます!!

●206イワイご夫妻
ともまるの車関係の仲間のイワイご夫婦も、
頻繁に来ていただいています。
いつもありがとうございます!
今年こそは黒部でお会いしましょうー!!

●ヒメ
出会いを話すと長くなるんだけど、
ともまるがカナダで働いていた両替所の同僚の女の子の彼氏が日本に帰る時に飛行機で隣り合わせだった。
ややこしいけど、
それがヒメ。
ともまると全然関係ないはずなんだけど、
何故か今では仲良しに(笑)。
家族ぐるみのお付き合いをさせていただいていまーす。

●東北の農業を学ぶ高校生たち
自分たちで商品開発した加工品を、
マルシェでPRして販売していたんですが、
各ブースをまわって聞き取り調査もしていました。
濁りのない真っすぐな目が眩しかったし、
何より素直でみんな可愛かった!

●ヒルズマルシェのご近所の方
お名前がわからないのですが、
とても素敵なおば様。
時々マンションまで配達にお伺いしています。

●イタリア米をいつも買っていただく男性
どこの国の方か今度聞いてみよう。
海外の方に大人気のイタリア米。
リピーターとなっていただくパターンが多いです。

●ケイちゃん
私の中高同級生のケイちゃん。
去年は青山ファーマーズマーケットに遊びに来てくれて、
その時も道に迷っていたけど(笑)、
今回はミッドタウンに間違って行ってしまっていた(笑)!
よく勘違いで六本木ヒルズに行く人は多いけど、
ミッドタウンというパターンは初めて。
さすがケイちゃん。
無事に会えて良かった(笑)。

そうそう、
私たちの友達もヒルズマルシェに車で来る方が多いんですが、
ヒルズマルシェで5kg以上お買い物をすると、
駐車料金のサービスがありますよ~。
ぜひご利用ください!

この看板の向こうに、
うっすら見えているオレンジ色の服の方が、
前述の(鬼の)脇坂さん。
実は、
ヒルズマルシェの運営をされている方でもあります。

マルシェから経営塾、
さらには個人的な相談まで、
脇坂さん、
何から何までいつもありがとうございます!

以上、
ヒルズマルシェ出店レポートでした。
青山ファーマーズマーケットの方はまた明日。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です