富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

トラクター作業も始まってます!

2016年4月5日 1:56 PM

こんにちは!

無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

春休みも今日で終わり、
うちの娘も明日から2年生になります!

最近は、
新しい漢字を覚えたり、
ひっ算の楽しさに目覚めたりと、
新しい知識に触れる事がとにかく楽しいみたい。

勉強という感覚は全くないと思いますが、
知りたい!書きたい!計算したい!
という欲望が止まらないみたい。

あぁ、
人っていつから勉強が苦痛になるんだろう。

私も若かりし頃は勉強が大っ嫌いだったけど、
今はいろんな事を学びたい気持ちでいっぱい!

ですが、
現実的には仕事でいっぱいいっぱい・・・(^^;)

育苗作業
は順調に進んでいますが、
田んぼでは並行して、
トラクター作業が始まっています!

田植えは5月10日頃からの予定ですが、
田植えに向けての田んぼ準備は今からやらないと、
とても間に合いません!!

田んぼの準備は3ステップ、

1:耕起(こうき=田んぼを起こす)
2:荒くり(あらくり=土と水を混ぜる)
3:代かき(しろかき=田植えの為に田んぼの表面を滑らかにする)

で、
今は1:耕起をしています。

トラクターの後ろにロータリーという作業機をつけて、
田んぼの土を起こして耕します。

それにしても、
ロータリーの色が怖い・・・。
つや消しのブラックに塗られて、
怖さ満点です(笑)。

ちなみに去年まで、
というか元々の色はこんな感じ
この色がどうも嫌だったともまる、
冬の間に自分で塗り塗りしていたようです。

ちなみにちなみに、
トラクターの色も元々はオレンジだったんですが、
もうそれだけはどうしても許せなかったみたいで、
トラクターの方はかなり前にフェラーリをイメージ(?)した色に塗装しなおしてあります。

どうもその辺の美意識が強いようですが、
周りの農家さんからの理解は全く得られません(笑)。

傍から見ると、
のんびりのんびり作業しているように見えるトラクター作業。

もっとスピードを出して、
バリバリと起こしまくりたいところですが、
そこまでの機敏性はトラクターにはなく。

大きさにもよりますが、
3反の田んぼ(約1000坪)1枚で1時間弱ほどでしょうか。

全ての田んぼが1枚3反と仮定して、
濱田ファームの全ての田んぼ10町(10ヘクタール)を、
1:耕起の作業をするだけで、
33時間かかる事になります。

実際には1反に満たない田んぼもありますし、
隣り合わせでない田んぼだと移動時間もかかるので、
とても33時間では終わりませんが、
ま、
それだけ時間がかかるという事です。

濱田ファームは、
田植えや稲刈りなど人手のいる作業以外の米作りは、
全てともまるが一人でやっているので、
余計に時間がかかります。

でもだからこそ、
間違いなくともまるが作ったお米として、
濱田ファームのお米として自信をもって、
お客様にお届けできるのかなとも思っています。

1人でやっているメリットとデメリット、
どちらもありますが、
秋に美味しい新米をお届けできるよう、
今は目の前の作業をしっかりこなす日々です!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから
●facebookページ タンボマスターへの横道
●Instagramも始めました! hamadafarm

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です