富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

種籾をはと胸にしちゃいましょ♡

2016年4月8日 3:51 PM

こんにちは!

無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

3月末からスタートした育苗(いくびょう=稲の苗を育てる作業)、

1:小分け
2:消毒(温湯消毒→直売用・農薬による消毒→苗販売用)
3:浸種
4:催芽
5:風乾
6:播種
7:ハウスへの苗出し
8:出芽
9:苗をならべる
10:潅水と温度管理

今日は、
4:催芽(さいが)についてお伝えします!

催芽とは、
種籾を温かい水にしばらくつけておいて、
芽を揃える事。

コシヒカリは、
芽が出づらい品種なので、
ここでしっかりと芽を揃える事が重要です!

昔はこの作業、
お風呂でやっていた時代もあったそうです。
その日一日はお風呂は我慢。

今はこんな、
催芽機という便利な物がありまして、
便利なんですが名前の通り、
催芽!
ただそれだけをする為の機械です!!
他には一切、
何の役にもたちません・・・。

催芽をする為だけに作られた機械ですから、
しっかりとは働いてくれます。

こんな風に、
催芽に適した温水(30℃)がくるくると循環して
水温が下がったり上がったりしないよう、
一定の温度に保ってくれます。

催芽は、
温度管理がとにかく大事なんだとか。

ファミリー催芽機。
何がどうファミリーなのかは謎です。

温水につけて芽を揃えるわけですが、
コシヒカリなら何時間つければオッケーですよー!
という決まりなんてものはなく、
その年の種籾の状態だったり気候条件だったりで、
微妙に異なってくるのが難しいところ。

だいたいこれくらいだろう!
と思っていても、
全く芽が出てなかったり、
逆に芽がすごい勢いで出てたりして、
何度も何度も催芽機を確認する年もあります。

芽が出すぎてもオッケーなような気がしますが、
種まきの時に機械にひっかかってうまくまけないので、
ダメなんですよ~。

目安は、
ぷっくりと種が膨らんで、
芽が1mm程度に揃る程度。

これを、
はと胸の状態と言うそうです。
ポッポー。

うん、
いい感じかな。

では、
5:風乾の行程にうつります!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから
●facebookページ タンボマスターへの横道
●Instagramも始めました! hamadafarm

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です