富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

お風呂の後は洗濯機へ♪

2016年4月10日 11:21 AM

こんにちは!

無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

ここ黒部というと、
富山県外のほとんどの方が、
「あぁ、黒部ダムの~」と言われます。

黒部市民としてはできれば、
「そう!あの黒部ダムの黒部です!」
と言いたい所ですが、
実は黒部にない黒部ダム・・・。

住所的には立山町になるんでしょうか。
すみません、
立山の方・・・。

黒部市民としてこの世に生まれ、
黒部で育ち、
黒部を一度離れてまた黒部に戻って来たともまるですが、
黒部ダムには生まれてこの方44年で1回しか言っていないという・・・。

黒部ダムへのルートとして、
最短距離だと黒部川をさかのぼればいいので、
その点では黒部は一番かもしれませんが、
普通に行こうとすると長野県からぐるりと回るか、
富山市まで行って戻るような形で行くか、
どちらにしても時間も、
そしてお金も(→けっこう高いです・・・)かかるのが黒部ダムへの道。

で、
冒頭に戻りますが、
県外の方から「黒部ダムの~」と言われたら、
もう説明がめんどくさいので、
「そう!黒部ダムの黒部です♪」
と答えちゃってます。
間違いじゃないですよね?
黒部って名前は同じだし。

ものすごーく前置きが長くなってますが、
気にせずいきます!
さらに前置きが続きますが、
その黒部ダムの黒部ですが、
実はもう1つ、
黒部が世界に誇れるものがチャックであります!

そう、チャック。
黒部の住人の間では「チャックに行く」、
つまり、
「YKKに勤めている」
という意味になるあの、
ファスナーの世界的ブランドのYKKの拠点は、
ここ黒部なのです!

黒部市内にはYKKの工場や寮が点在していますが、
今は本社機能の一部も黒部にあるんですよ~。

そのYKKで、
ファスナーを作るワークショップがあって、
先日娘と参加してきました!
その時の事を濱田ファームのもう1つのブログ「ヒビノコト」にあげましたので、
もしお時間があれば読んでみてくださいね★

以上、
前置きが超長くなりましたが(汗)、
今日のブログの本題はここから!

3月末からスタートした育苗(いくびょう=稲の苗を育てる作業)、

1:小分け
2:消毒(温湯消毒→直売用・農薬による消毒→苗販売用)
3:浸種
4:催芽
5:風乾
6:播種
7:ハウスへの苗出し
8:出芽
9:苗をならべる
10:潅水と温度管理

の、
5:風乾の様子です!

前置きが長かったので、
さらっといきましょ、
さらっと。

種籾をこの後の6:播種(はしゅ=種まき)で扱いやすいよう、
風で乾かすだけなんですが、
去年までは文字通り扇風機の風で乾かしていたんですが、
今年から洗濯機を使う事にしました!

母屋に眠っていた洗濯機を発掘、
これは使える!
という事になりまして。

洗濯機の脱水機能でぶるる~んと水を切って、
あとは自然乾燥。

湿っていると、
この後の種をまく時に、
種の量を調整しづらくなってしまうんです。
だからしっかりと乾かします。

温かいお風呂で気持ちよくなってもらって、
洗濯機で目を回してもらって、
種籾もいろいろ環境が変わって大変だったと思います。

が!
いよいよ!!
春の一大イベントでもある播種!!!

種籾にとっても晴れの舞台、
のはず・・・?!
続きはまた改めて~。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから
●facebookページ タンボマスターへの横道
●Instagramも始めました! hamadafarm

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です