富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

いよいよ代かき!

2016年5月6日 2:33 PM

本日6日金曜日は平日、
というわけで、
娘は嬉しそうに小学校へ登校していきました。

でもまたすぐ土日とお休み、
母の私は何となく仕事に集中できません(^^;)

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

GWに関係なく、
ビニールハウスでは育苗作業が順調に進んでいますが、
田んぼでは並行して、
トラクター作業がずっと続いています!

いよいよ今週末、
8日から田植えの予定!

田んぼの準備の3ステップ、

1:耕起(こうき=田んぼを起こす)
2:荒くり(あらくり=土と水を混ぜる)
3:代かき(しろかき=田植えの為に田んぼの表面を滑らかにする)

もいよいよ、
3:代かき作業に入りました!

代かきは、
田植えと並行しながら進めていくので、
この先もまだまだしばらく続きます。

というのも、
代かきをして何日もそのまま田植えをせずに放置しておくと、
雑草をうまく抑えられなかったりするから。

田んぼの状態にもよるみたいですが、
代かきしてから通常は2~5日以内に田植えをするといいようです。

耕起と荒くりは、
トラクターの後ろにロータリーという作業機をつけていましたが、
代かきはハローという作業機に付け替えて作業します。

田植えをしやすいように、
表面を滑らかにするのが代かき。

トラクターの足跡が残らないよう、
田んぼをどうまわるか、
微妙なタッチでどう機械を操作するか、
オペレーターの腕の見せ所です!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから
●facebookページ タンボマスターへの横道
●Instagramも始めました! hamadafarm

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です