富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

玄米になったお米のその後 ~フレコン編~

2016年9月20日 4:16 PM

台風の進路も影響も心配な連休明け。
黒部も朝からザーザー雨が降っています。
寒いです。

でも、
明日はどうやら晴れ間も見えそうなので、
どうにか稲刈り再開できそうです。

きっと、
田植え?!と錯覚しそうなくらい、
水浸しの田んぼだと思いますが、
それでもやらざるをえない状況。

10月1日から新米をお客様にお届けします!
と宣言しちゃっているので、
何とか今週か来週はじめまでには稲刈りを終えて、
乾燥調製をマッハでやって、
農産物検査までたどり着きたいところです。

焦ってます。
非常に焦ってます(笑)。
はたして間に合うか?!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

連休中も雨が続いたので、
籾すり作業(=乾燥させた籾から籾殻を取って玄米にする)がはかどりました!

各種選別機を通ってピカピカになった玄米は、
保管の為に米袋やフレコンに詰められて、
農産物検査を待ちます。

前回は、
米袋に詰める作業の様子をお伝えしたので、
今回は、
フレコンに詰める作業の様子です。

米袋にちまちま詰めていく作業は、
とにかく大変。
休めないし、
重いし。
かなりの重労働です。

でも、
このフレコン取りだと、
ものすごーく楽ちん。

ボタン1つ、
ピッとセッティングして、

フレコンをセットしちゃえば、
上からザーザーと玄米が出てきて、

見てるだけ!
自動で!!
1トンもの玄米を詰めてくれちゃうんです!!!

1トン入ったら、
あとはフォークリフトで運ぶだけ。

体にも負担はかからないし、
等級検査もスムーズです。

フレコン取り、
やめられません!

休みなく籾すり作業をしていたら、
作業所の外の籾置き場がすごい事になってました。

籾殻が、
どんどん溜まっていきます。

稲刈りが終わっても、
まだまだ続くのがこの作業。

早く新米をお届けしたい気持ちでいっぱいですが、
まずは稲刈りを終わらせて。
乾燥調製・籾すりを終わらせて。
そうして農産物検査。

1つ1つ確実に地道に。
頑張ります!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

お待たせしております!
新米は、
10月1日頃からお届けできる予定です!!

●HP タンボマスターへの道
●新米のご予約についてはこちらをどうぞ。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です