富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

富山のタウン情報誌Taktの取材を受けました!

2017年3月2日 2:39 PM

3月に入り、
いよいよ春作業がスタート!

ともまるは、
育苗(稲の苗を育てる作業)に備えて、
ビニールハウスの準備を進めています。

育苗は、
3月下旬から始まり、
5月下旬に終わる予定の田植えまで、
約2か月間休みなしの作業です。

世間ではあまり知られていない育苗という長く大変な作業を、
このブログでは毎年、
かなり詳細にお伝えしています。

が、
その育苗の前の段階に実は、
その育苗に必要なビニールハウスの準備という作業が、
あるんですねぇ。

とっても地味な作業ですが、
これもまた、
米作りにはなくてはならない行程です。

こちらもまた、
改めてお伝えしていきますね!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

今日は、
先日お受けしたタウン情報誌Taktの取材のお話。

富山では知らない人はいない(たぶん)、
人気の雑誌です。
これさえ読めば、
富山の情報はばっちり!

そんなTaktの5月号(4月10日発売)は、
米粉の特集だそうで、
我が家の無農薬コシヒカリを製粉した米粉の取材でした!

それにしても、
お米も米粉も写真映えしない・・・(汗)。

あっ、
これは私が撮るからそうなるわけで、
プロのカメラマンの方が撮ると、
きっとすごく素敵になっているんだと思います!

今回の私のミッションは、
米粉を使った気軽な家庭料理という事で、
普段我が家でよく作るお料理をご紹介させていただきました。

プロの料理家でもなければ、
プロのスタイリングができるわけでもない、
単なる一主婦の私なので、
本当に気取らないお料理です(笑)。

この日のハマダ食堂のメニューは、
こんな感じ。

ダマになりづらい米粉で作るホワイトシチューに、
カラッと揚がる米粉の特性を利用した天ぷらとから揚げ、
もっちり焼けるネギ焼(今回はネギではなく小松菜)。

さて、
どんな記事に写真になっているんでしょう。
発売日が楽しみです!

また発売されたら告知させてくださいね♪

取材が終わったら、
皆で和気あいあいとご飯タイム~。

以前も取材していただいた方なので、
ざっくばらんな取材でした!

米粉は、
元々は小麦粉アレルギーやグルテンフリーの方に人気がありましたが、
最近は本当に気軽に、
小麦粉代わりに使う方が多くなってきているような気がします。

赤ちゃんの離乳食のとろみづけに使うというお母さんもいれば、
お菓子作り(シフォンケーキなんかがいいみたい)に重宝している。
そんな声もよく耳にするようになりました。

濱田ファームの米粉は、
無農薬コシヒカリを製粉したとっても貴重な米粉。

税込み価格で2種類ご用意しています。
400g・400円
1kg・900円

どうぞお試しくださいね(^^)/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから

●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト

●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です