富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

ハウスの温度管理はくるくるをクルクルする!

2017年5月2日 4:11 PM

事務所の窓から見える空は真っ青!
北アルプスはくっきり白い稜線を描いてて、
裾野は新緑の眩しい緑で輝いています!!

つまりは、
とーってもいいお天気。

GW期間中もこんなお天気が続いて、
富山を訪れる方に喜んでもらえたら嬉しいな。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

さて、
3月末から始まった育苗(いくびょう=稲の苗を育てる作業)も、

1:小分け
2:消毒
3:浸種
4:催芽
5:風乾
6:播種(準備編本番編
7:ハウスへの苗出し
8:出芽
9:苗をならべる
10:潅水と温度管理

最後の工程、
10:潅水と温度管理の真っ最中です!

今日は、
温度管理の様子をお伝えしましょう!

管理なんて偉そうに書いていますが、
超原始的な方法です(笑)。

この、
くるくるをクルクルする事で温度を調節!
以上です!!

くるくるをクルクルする私。
全く絵になりません。

くるくる、
本来は楽にクルクルできるはずなんですが、
長年使っているので、
クルクルしづらくなってきました。

か弱い(→自分で言っちゃう)私には、
なかなか肩がこる作業です。

晴れていて風のない日の朝は、
これくらい窓をあけて。

日中は温度が上がってくるので、
さらに窓をあけて。

いきなり日がかげると、
ハウス内の温度は急低下するので窓をちょっと閉めて。

風が強くなってきたら、
さらに閉めて。

夕方は西日がきつくてまたまた温度上昇。
ちょっとあけてやって。

グッと冷え込む前に、
全ての窓を閉めきる。

これを全て、
くるくるをクルクルする事で調節しています。

手動ではなく自動くるくるもあれば、
ハウス温度を自動感知するくるくるマシーンもありますが、
1年で数週間しか使わないビニールハウスの為に、
そこまで投資できない我が家。

私が喜んで!
えぇ、
喜んで!!
事務所とハウスを行ったり来たりして、
お日様の様子や風の強さと睨めっこしながら、
くるくるをクルクルしています。

神経質になっちゃうと、
ものすごーくハウスの温度が気になるんですが、
そこは適当に(笑)。

私もそれ以外の仕事がたんまりあるので、
ハウスだけにかまってられないのです。

適度に適当に。
時に手をかけ、
時に見守り。

農作物を育てる事を子育てに例えるのは、
私はどうもしっくりこないのですが、
苗だけは何となく、
子育てに共通する部分もあるなぁと感じています。

さぁ、
夕方の時間帯、
でもって風は冷たくかなり強い。
ちょっくらハウスの様子でも見てきますか。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから

●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト

●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です