富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

お米はヒンヤリした所がお好き?

2017年10月11日 4:42 PM

今シーズン初の東京でのマルシェ、
そしてファーマーズマーケットは、
たくさんの方に来ていただいて大盛況でした!
ありがとうございました!!

また改めてレポートをアップしたいと思いますが、
その前に。
まだまだ!
まだまだまだまだまだ!!

新米お届けが止まらず。
それに追われた日々を送っていて、
すぐに保冷倉庫からお米がなくなっていって、
てんやわんやしてます(汗)!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

こちら、
我が家の保冷倉庫です。
事務所の横に作っていただいた、
特別仕様。

お米は、
保管に適した温度・湿度があります。

きちんと管理すれば何年でも保管できますが、
逆にそうでないと、
食味が落ちたり、
虫が出やすい状態になったり、
カビが生えたりします。

だから、
細心の注意を払って、
お米を管理しています。

米袋やフレコンに入った玄米を、
保冷倉庫に搬入して、

ようやく精米できる状態に。

我が家は、
精米器も保冷倉庫に入れてしまっています。
これで、
虫の心配が最小限に抑えられるというわけ。

業務用の精米機は、
休むことなく何時間もガンガン働かされています。
ありがとう!
助かってるよー!!

精米して、
袋詰めして、
梱包して。

そうしてようやく、
皆さまの元へお届けできる状態に。

来る日も来る日も、
この作業を繰り返しています。

我が家の保冷倉庫は、
ある程度の大きさがあるとはいえ、
1年分のお米を保管するにはちょっと小さすぎます。

なので、
近くの超巨大な保冷倉庫にお願いして、
保管してもらっています。

この中には、
そりゃーもー!
農家もビックリするくらいの、
すさまじい量のお米が入ってます!

ね(笑)?

すごいでしょ?

この巨大な保冷倉庫から、
うちのお米を探して、
ちょこちょこ我が家の小さな保冷倉庫へ搬入しては、
精米して出荷。

そんな日々、
まだまだ続きそうです!
頑張ります!!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●新米(10月からお届け予定)についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト
●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です