富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

米糠が変身!美味しいこんか漬けにな~れ♪

2018年3月2日 5:07 PM

すごい風が吹き荒れて、
それがピタッと止まったと思ったら、
今度は雪。

積もるような感じではないけど、
まだ春は先かなぁと、
はらはら落ちる雪を見て思った、
そんな朝でした。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

さて今日は、
寒の時期に水揚げされた脂がのった魚を塩漬けにして、
糠床で半年も熟成させた保存食、
こんか漬けのご紹介です!

米糠。
それは、
玄米から白米する精米の過程で、
大量に出てくるもの。
その割合は1割にもなります。

つまり、
10kgの玄米を精米すると、
9kgの白米と1kgの米糠になる。

我が家は毎日まいにち、
相当な量のお米を精米しているので、
米糠もたんまりでてきます。

米糠の有効利用はいろいろありますが、
なにせ量が量なので、
最終的には田んぼにまいているのが実情。
田んぼから出たものは田んぼに返す。
それが一番かなと。

その米糠で、
創業100年あまり、
氷見の魚にこだわって加工と販売をしている柿太水産さんに、
「こんか漬け」の仕込みをしていただきました!

こんか漬けの中でもこんかイワシは、
言ってみてば日本のアンチョビ!

米糠と米こうじに富山湾の深層水を加えて、
イワシの旨みをぐっと引き出した乳酸発酵の効いた味わいは、
そのまま生でいただくと日本酒にぴったり♪

もちろん焼いて、
ご飯のおかずにも!

木桶にズラリと並んだイワシ、
綺麗だし既に美味しそう!

これから半年ほど熟成させて、
樽上げは梅雨明け頃だそう。

樽にしっかり重石が置かれた状態。
ずらりと壮観!

熟成発酵されて、
7月半ばの樽上げが本当に楽しみです!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●新米についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト
●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm

コメント

2 Responses to 米糠が変身!美味しいこんか漬けにな~れ♪

  1. オイカワ より:

    ぬかどこ
    せっかくの無農薬ぬかですものね!

    そう思って、
    以前、無農薬米のぬかを分けてもらって
    糠床を作りましたが…
    2年で諦めました。

    また、いつか挑戦したいなぁ。

  2. 濱田律子 より:

    オイカワさんへ
    そうなんです!
    貴重な無農薬の米ぬか、
    活用していただけると嬉しです。
    でも、うん、
    ご家庭でのぬか床の管理は大変ですよね。
    私は最初からあきらめてやっていませんw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です