富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

ただひらすら草を刈る日々!

2018年6月11日 1:57 PM

北陸地方も梅雨入りして、
シトシト雨が降っているわけではありませんが、
湿度が少しづつ上がってきている事を体感しています。

寒いのでまだ蒸し暑さはありませんが、
人にとってもお米にとっても、
過酷な季節になりますね。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

しっかりした肩パッド(ともまる特製)を装着した、
草刈り機を背負い、
細かい草が飛んでくるのでエプロンもして。

いかついサングラスで一見怖そうに見えますが、
耳にはめたイヤホンから流れてくるのは、
クラッシック(スメタナLOVE)からAKB48まで、
その日の気分によって紳士だったりアイドル追っかけだったりしているのは、
ここだけの内緒です。

田植え前に一度、
全ての田んぼの畔(あぜ)の草刈りを済ませていましたが、
あれから早いもので1カ月以上はたつわけで。

そろそろ畔がジャングルになりそうだったので、
この時期にもう一回りしていきます。

時間を見つけては草刈りをする日々ですが、
それでも50枚ほどの田んぼ全ての草刈りをするには、
かなりの時間がかかります。

一回りして、
また最初の田んぼに戻ってきたら既に草ボーボー。
一雨ごとに雑草が元気になる季節でもあります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●お米のご注文についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です