富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

稲刈りからお米になるまでの遠い道のり・その2

2019年9月17日 11:06 AM

1つ前の投稿で、
コンバインが壊れて入院!
とお伝えいたしましたが、
その3日後に退院してきました。

おかげで、
9月1回目の3連休(もう1回あるのですね・・・)は、
稲刈り三昧となりましたー!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

稲刈り再開となり、
稲刈りそのものは順調に進んでいるんですが、
順調じゃないのがこちら、
稲刈りと並行して進めている乾燥調製の方。

刈り取った籾(もみ)を乾燥させて、
籾殻(もみがら)を取って各種選別機を通して玄米にする作業ですが、
あっちで機械がつまり、
こっちでベルトが切れ、
となかなか思うように進みません(汗)!

タイトル通り、
お米になるまで遠い道のりです・・・・。

気を取り直して・・・。
その1に続いて、
今日はその2の様子をお伝えしましょう。

刈り取った籾を、
保管に程よい水分量まで乾燥させたら、
乾燥機から籾摺り機(もみすりき)という機械へ。

写真では伝えきれないのですが、
ものすごい音をまき散らしながら、
あっという間に籾(もみ)から籾殻(もみがら)を取り除いて、
茶色いお米、
つまり玄米の状態にしてくれます!

玄米になったとはいえ、
たくさんの異物や未熟なお米が紛れているので、
ここから選別機をたくさん通して、
質の良い玄米だけに選別していきます。

まずは、石抜き機。
そう、
お米にはけっこう石が混入しているので、
この機械で取り除いてもらいます。

粗選機であらあらっと状態の良い粒を選別したら、
今度はこちらの色彩選別機に通します。

虫食いの粒などを、
ものすごいスピードで選別してくれちゃう優れもの。

写真ではとても追いつかない速さなんですが、
ピッ!ピッ!!
とはじいてくれるんです。

他にも、
粒を大きさで選別する機械に通したりして、
いい状態の米粒だけにしていきます。

一粒一粒が小さいお米、
しかも大量なのでとても手選別はできません。
こういう選別機に頼らざるをえず、
この作業の様子は、
とても米作りというイメージからはかけ離れているかもしれませんね。

ほぼ全ての作業が機械化されていて、
この、
1トンものお米が入るフレコンという大きな袋詰めも含めて、
乾燥調製という作業は、
これまでのアウトドアでの米作りとは全く違います。

でも、
これも間違いなく米作りの1つの工程です。

稲刈りという作業は広く一般に知られていますが、
あまり知られていないこういう作業もきちんとお伝えする事こそが、
お米の世界を知ってもらう一歩だと思っています。

そういう気持ちで綴っているのが、
このブログだったりします(^^)/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●新米のご予約についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です