富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

堆肥をまく日々でした!

2020年11月13日 2:13 PM

平野部の紅葉も始まり、
色づく木々が綺麗になってきました。

山はもうすっかり真っ白。
冬がすぐそこまで来ている事がわかります。

でもまだまだ、
雲は空高く空も青く海は穏やか。
秋の、まさに行楽日和といった趣です。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

行楽日和ではありますが、
同時に、
農作業日和でもあります。

本格的な冬が来る前に、
つまりは雪が降る前に、
やっておかなくてはいけない事がたくさんあるわけなのですが、
その1つが堆肥まき。

稲刈りと同時並行で仕込んでおいた籾殻堆肥や、
とっても頼りにしている先輩の酪農家さんからわけていただく、
完熟した牛ふん堆肥を田んぼにまきます。

化学肥料のような即効性はありませんが、
大事な大事な土づくりの一環として、
濱田ファームでは毎年この時期に田んぼに堆肥をまいています。

ブログでは全くお伝えできていませんでしたが、
新米発送に明け暮れていた10月から、
ずっと堆肥をまく日々でした。

それもようやく終わって、
さて、これからは、トラクターで田んぼを起こす、
秋起こしという作業です。

秋のうちにやらないと秋起こしにならないわけですが、
毎年どうしても雪が降ってきてしまって、
冬起こし状態になってしまいます。

今年こそは!
雪が降る前に終わらせたい!!

けれど、
トラクターは現在、入院中。
とある部品が壊れてしまって、
その部品だけで20諭吉さまが飛んでいきそうで、
頭の痛い日々です・・・。

それでも、
トラクターがないと何もできないので、
早く退院してきてくれる事を願うばかり。

田んぼの稲は、
稲刈りで刈り取られた稲株からまた、
こんなに青々とした葉っぱが生えてきていて、
中には既に穂を持つ株もありました!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です