富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

育苗はビニールハウスの準備から!

2021年4月7日 9:21 AM

春作業が始まっていて、
もう既にかなりバタバタしています💦

しかーも!
今年は娘の小学校卒業→中学校入学と生活環境の変化もあり、
ブログ担当の私(=濱田律子)はもう、
春作業の様子を写真に収める気持ちの余裕がなく・・・。

言い訳ですが(ゴメンナサイ!)、
ブログ更新が滞りがちですーーーー!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

春作業は、
①トラクター作業
②育苗
という大きな柱2本立てなんですが、
まずは育苗の方からお伝えしていきましょう!

育苗(いくびょう)とは、
読んで字のごとく苗を育てる作業。

と、
とても一言では片付けられない、
大事な作業。

5月初めから始まる田植えに向けて苗を育てるわけですが、
行程も長く神経を使う作業で、
1ヵ月以上休みなし!

その育苗の前にまずは、
育苗で使うビニールハウスの準備をする必要があります。

ここは雪国の日本海側、
冬の暴風と豪雪でビニールハウスも破損したりしているので、
まずはその修繕から!

さらに、
育苗以外に使用する事がない、
つまり1年のうち10ヶ月近くは放置状態の、
草ボーボーのハウス内を綺麗にしていきます。

トラクターでガガガーッと、
草を漉き込んでいきます。

トラクターでできない、
ビニールハウスの際の部分は手作業!
になるので、
できるだけトラクターを寄せて。

この後さらに、
ハウス前面にシートを敷き詰め、
育苗に必要な潅水ホースを設置したり、
必要資材を搬入します!
×
ビニールハウス3棟分

育苗は既にスタートしていて、
週末には播種(はしゅ=種まき)も控えています。
もう既に大忙しですっ!
頑張ります!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●新米のご注文方法はこちらをどうぞ
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です