富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

稲刈りのその後は?!

2021年9月23日 7:32 AM

サンレンキュー?
ソレ ナンデスカ??
シュクジツ???
ソレモ ナンデスカ???

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

というわけで、
9月は土日とか祝日とかとは無縁の米農家です!

稲刈りをしては乾燥調製をして、
また稲刈りをしては乾燥調製をして。

ひたすらその繰り返し。

ところで、
一般の方にもすぐに想像していただける稲刈りと違って、
乾燥調製という作業はあまり馴染みがないかもしれませんね。

お米は、
稲刈りしてもお米にはなりません。
それは単なる籾(もみ)なだけです。

今日は、
一般的にはあまり知られていない、
稲刈りのその先の作業についてお伝えしたいと思います。

あ、
ここが秋作業の一番の難関!?
軽トラの幅ギリギリの入り口を通って、
乾燥機に籾を運搬します。

難関ポイントを通過して、
大きな背の高い乾燥機が見えてきましたー。

籾コンテナに自動排出装置を取り付けて、

乾燥機の投入口にセットします。

あとは、
ボタン1つで自動で籾が乾燥機に吸い込まれていく、
という仕組み。

籾はこうして乾燥機の中へ、
どんどん吸い込まれていきます。

水分をたっぷり含んだ籾をまずは送風で落ち着かせて、
乾燥機がいっぱいになったら一晩かけてゆっくりと、
保管に適した水分量に乾燥させていきます。

毎日いろんな方が稲刈り作業のお手伝いに来てくださっていますが、
稲刈りという名前とは裏腹に、
稲を刈るという作業はほとんどありません。

ひたすらコンバインで刈り取った籾を、
作業所に運搬して乾燥機に張り込む作業の繰り返し。

稲刈りは、
田植えと同様に一般的には米作りの一大イベント、
華やかな晴れ舞台のような農作業に見えますが、
実際には稲刈り以外の一般的にはあまり知られていない作業の積み重ねを経て、
ようやく「お米」になります。

次回は、
乾燥させた籾のその後についてお届けいたします!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●濱田ファーム
〒938-0041 富山県黒部市堀切3000-2
0765-33-4543
info@hamadafarm.com
●土日祝日お休み・平日不定休
●10:00~18:00くらいの間で農作業の合間に対応しています
●駐車場3台
●新米(10/1~)のご予約についてはこちら
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するはずのTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です