富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

田植えの裏側の、大事な作業!

2022年5月13日 4:44 PM

田植え、
順調に(?)進んでいます!

マイナートラブルは多々ありますが、
それでも順調と言える程度だと思います。

早くゴールに辿りつきたいという、
はやる気持ちを抑えつつ、
最後まで事故なく怪我なく終えたいです!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

さてさて田植え、
と言うと皆さん想像されるのは、
田植え機で苗を植えていくという光景だと思います。

でもその陰で、
せっせと苗を積み込むという大事な作業があります。

ビニールハウスで育てた苗を、
こうして1枚1枚、
腰をかがめて取ります。

水をすった苗箱は重い!
上に、
根っこが元気よく箱を突き抜けシートにまで伸びていて、
はがすのに力が要ります!!

水と土で、
服もドロドロに。
足元は長靴が必須!

先日お誕生日を迎えて、
14歳になった娘もお手伝い。

注:お小遣い目当て

苗箱を積むだけの用途しかないコンテナに、
苗箱をフルで積載した状態。

これを、
1日に何度か繰り返します。

田植え機に乗らないお手伝いの方々には、
もう本当に感謝しかありません!

温室だったビニールハウスから、
田んぼとういう大海原へ旅立っていく苗たち。

田んぼに向かって、
出発です!

田んぼでは田植え機が待ち構えていて、
苗箱を受け取り田植え機にセットしていきます。

こうしてやっと、
田植えができるというわけ。

田植えという晴れ舞台の裏側には、
実はたくさんの人の手をお借りしています。

お手伝いの皆さま(娘も含めて)、
本当にありがとうございます!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●新米ご注文についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です