富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2016.6月の記事

田んぼの中で泥と戯れる!

2016年6月14日 6:09 PM

北陸もほぼ例年通りの梅雨入りとなり、
雨がしとしと降り続いて・・・・、
いません(笑)!

朝は降っていましたが、
すぐにあがって爽やかな涼しい過ごしやすい一日となりました。

そんなわけで、
農作業もはかどるー!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

ともまる、
田んぼの中で泥と戯れ楽しそうですが
(注:本人曰く大変な作業でちっとも楽しくないそうです)
これ、
田んぼの中に切った(=掘った)溝と溝とをつなぐ作業をしているところです。

本来は、
溝切りというこれまた辛い辛い作業があるんですが、
濱田ファームではこの溝切りをジュディにおまかせ♪

あっ、
ジュディというのはこちらの作業機。

先日の記事
でもお伝えしましたが、
チェーンを引っ張って雑草をやっつけながら、
作業機のタイヤで溝まで切っちゃってたんです。

溝というか、
タイヤの跡なんですが、
これが立派な溝の役割を果たしてくれるというわけ。

これぞ、
一石二鳥!

あっ、
ジュディの名前の由来は、
チェーンの広がり具合がかの有名な歌手の方を思い出させるから。

Wind is blowing from the Aegean
女は海~♪

それはさておき、
溝を切っても、
その溝と溝とをちゃんとつないで、
さらには排水口へと導かないと水は排出されていきません。

ここは手作業。
溝をつなぎ、
ついでにジュディに倒された稲を救出しつつと、
泥と思いっきり戯れます♪

すると、
どういう事でしょう~。
勢いよく田んぼの水が流れ出していくではないですか!

田植え直後から水を入れて管理していましたが、
この時期くらいから今度は、
少し田んぼを干す「中干し」をしてやります。

中干しをする事で、

土の中の有害ガスを除いて稲の生育をよくする
稲の分げつ(株分かれ)が進みすぎないようにする

という効果が期待できるんですが、
何よりこの辺りの沼田と呼ばれる底なし沼のような田んぼでは、
しっかりと中干しをすれば、
秋のコンバイン作業をスムーズにする事につながります!

そんなわけで、
泥と戯れつつも、
しっかり溝をつないで中干しする。
これが大事になってくるんですね~。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから

●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト

●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm

農業系新聞に紹介されました!

2016年6月13日 11:38 AM

えっと、
ちょっと自信がないんですが、
北陸地方はたぶんまだ梅雨入りしていないはず・・・。

先週末の土曜日はカラッと暑い一日だったし、
日曜日は爽やかなお天気で、
今日こそ朝は雨が降ってたけどもうあがってるし。
まだ梅雨じゃないですよね?

という事はもう、
だんだんどうでもよくなってくるんですが、
今日のブログも
もうかなり前のどうでもよくなっちゃった感ありの(スミマセン!)、
新聞掲載の話題。

かなり前で、
しかも農業系の新聞なので、
一般の方には全くもって身近ではないと思うんですが、
でも一応、
ご紹介させてください★

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

「農家に学び、農家に返す」を編集の基本方針として、
営農と暮らしに役立つ情報を提供する週刊紙、
それが農業共済新聞

3月23日付け16面に、
どどーんと濱田ファームを紹介していただきました!

内容は、
濱田ファーム代表・濱田智和が、
どのような経緯で脱サラをして農家になったか、
米農家になるまでの苦労(ほとんどありませんが・笑)や、
米作りに対する思い、
さらには、
ブログやSNSなど情報発信を元に展開する直売まで。

濱田ファームについて、
非常にわかりやすく書いていただきました!

上の写真は総合地方版で、
こちらは北陸版。

米袋の大きさが違うだけですが、
2パターンも使っていただき感謝です。
ありがとうございます!

今回は、
農業系の新聞だったので、
農家仲間からは反応はあったんですが、
やっぱりどうしても一般の方には縁遠い世界ですよね。

でも!
近いうちに一般情報誌に、
濱田ファームが紹介される予定です。
女性ファッション雑誌なのですが、
またご紹介できるようになりましたらブログにアップしますね~★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから

●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト

●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm

米ぬか昇進物語

2016年6月9日 3:02 PM

先日、
我が家にちょっとした忘れ物を取りに来たモモちゃん。
は、
黒部市内の老舗のケーキ屋さんミユクのパテシィエさん。

ミユクは30年前にオープンしたそうですが、
その頃は富山ではまだケーキ専門店は珍しく、
2.3店舗しかなかったとか。

そのモモちゃん、
我が家に来た時にちょうど私、
精米作業をしていたんです。

結構なうるさい音を鳴らしながら、
ウンウンうなる精米機。
から排出される米ぬかの話をしていたら、
あれよあれよとこんな物が焼きあがりましたー!!!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

モモちゃんは今どきの女の子なので、
米ぬかがいまいちピンときてなかったみたいで、
籾殻(もみがら)と米ぬかがこんがらがっていました(笑)。

もう一度整理してお伝えしましょう!
収穫した籾の外側を覆っているもの、
それが籾殻。

籾殻を取り除くと、
茶色いお米の玄米になります。

その玄米を精米して、
外側の部分と胚芽を取り除いたのが、
白いお米の白米です。

玄米から白米になる時に出てくるのが、
この米ぬか。
ものすごーく栄養素たっぷりなので、
捨てるのはもったいない!

んですが、
保管もできないので(すぐに油がまわって酸化します)、
田んぼや畑にまいてしまいます。

この米ぬか、
モモちゃんは興味津々で見ています。
食べられるんだよ~、
フレッシュな米ぬかは甘いよ~
と、
勧めて食べてみたら、
アーモンドパウダーみたいと!

なるほど、
さすがパティシエさん、
米ぬかをアーモンドパウダーを形容するとは!
捨てられることが多い米ぬかも、
一気に高価なアーモンドパウダーに昇進です(笑)。

米ぬかのお菓子も最近はよく作られてるし、
ヘルシー志向で需要もあるという話を伝えたら、
その日のうちに米ぬかのクッキーを加工、
翌日には店頭に並んでいるという早業でした!!

というわけで、
我が家の米ぬかを使った米ぬかクッキー、
ミユクさんで発売中です♪

香ばしく炒った米ぬかがたっぷり。
甘みは黒糖とメープルシュガー、
干したリンゴもちょこちょこ入っている、
素朴な味わいの食べ応えのあるクッキーです。

どうぞお試しください♪

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから

●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト

●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm

刈って刈って刈りまくる!!!

2016年6月8日 4:04 PM

黒部は今日もいいお天気です!
気温も上がって暑い!!

そう、
北陸地方はまだ梅雨入りしていません。
あともう数日は持ち堪えそうです。

雨の日々の前に何としても!
と、
今はひたすら田んぼの畦(あぜ)の草刈りをしています!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

春作業の間、
育苗(いくびょう=稲の苗を育てる事)を始めた3月末から、
田植えが終わった5月末まで、
約2か月間、
ほったらかし状態だった畔の草はもう、
ジャングル状態!!

大変な事になっているので、
必死の形相で、
刈って刈って刈りまくっています!

でもですね、
70枚近くある田んぼの畦の、
全ての草刈りが終わった頃にはもう、
次の雑草がジャングルを形成しているのです・・・。

そう、
ここから先はエンドレスで草刈りが続きます・・・。

1周してまた最初の田んぼに戻って、
振り出しに戻ってまた草刈り、
みたいな。

草刈りは、
8月末まで続きますよ~。

いや、
その後ももちろん草は生えてくるんですが、
8月下旬からは今度は稲刈りの準備が始まって、
稲刈りが終わって新米発送が落ち着く11月まではまた、
手が付けられないのです。

はぁ、
草との戦いは本当にエンドレスですだぁ(涙)。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから

●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト

●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm

雑草との戦いがスタート!

2016年6月6日 10:45 AM

もうすぐ梅雨ですね~。
日に日に湿度が上がってきている事を、
肌で!
髪で!!
感じている今日この頃です。

梅雨に入ると雨が降る。
雨が降ると稲が伸びる。
けれども、
それ以上に草が伸びる・・・。

そう、
いよいよ雑草との戦いが本格的に始まりますっ!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

申し遅れました、私、
このブログ「タンボマスターへの裏道」の書き手、
濱田律子です。

田植えから3週間くらい、
最初はピヨピヨだった稲もしっかり根付いて、
上に背丈が伸び、
緑も濃くなり、
さらには株数も増えてきています。

そこへ、
稲株をなぎ倒しながらチェーン除草機が入ってきました!

あっ、
でも大丈夫。
稲はたくましいので、
少しくらい倒れてもすぐに起き上がってきます!

チェーン除草機、
愛称はジュディ。

ジュディ?!
そう、
ジュティ!

この、
チェーンのじゃらじゃら具合が、
ジュティオングをイメージさせるから。
なんですが、
今時の方には全く通じないかもしれませんね・・・。

ともかく、
ジュディはともまるが自作した除草の為の道具で、
雪道を走る時に装着するあのチェーンを、
作業機(ブームスプレーヤーという本来は液状の肥料や農薬を散布する為の農機具です)に取り付けたもの。

このチェーンを引っ張る事によって、
稲の株と株の間に、
まだ目をこらさないと見えないくらいの雑草を、
ひっかきまわしてやっつけています。

減農薬コシヒカリを作付している田んぼで、
このチェーン除草をしています。

減農薬という名前ですが、
実は減農薬も減農薬でして、
除草剤を1回しか使用してないのです。

それ以外の、
殺虫剤や殺菌剤(ついでに化学肥料も)は使用していません。

除草剤を1回使っていても、
雑草は結構な激しさで生えていきます。
だから、
少しでも草を抑えるためにこの、
チェーン除草をしているというわけ。

ジュディ、
なかなかいい働きをしてくれています!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●HP タンボマスターへの道
●お米のご注文はこちらから

●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●濱田ファームの日常ブログ ヒビノコト

●Twitter タンボマスター
●facebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をInstagramで! hamadafarm

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント