富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

堆肥をまく日々です!

2019年11月19日 10:52 AM

暴風が吹き荒れる黒部。
昨日はフェーン現象だったのか、
この時期にしては熱い風でした。

うってかわって今日はは冷え込みが厳しくなっています。
いよいよ、
冬タイヤへの交換が必要な時期に入るようです。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

さて、
ブログ更新がものすごく滞っているので、
全く農作業していないかのような秋になってしまいましたが(笑)、
お天気が悪くなければ田んぼに出ている日々が続いています!

先日お伝えした、
自家製の堆肥(たいひ)もホコホコに仕上がって、
10月下旬から田んぼにまいています。

これは、
堆肥をまく為(だけしか使えない・笑)の、
マニュアスプレッダーという農機具。

かなりレトロ(もちろん中古です!)で、
時々不機嫌になって田んぼの真ん中で立ち往生する事もしばしば。

でも、
他の農機具がいかつい仕様になっているのとは対照的に、
可愛らしいフォルムにほっこりする外観で、
私は好きです。

こんな素晴らしい景色を眺めながら、
ひたすら堆肥をまく。
本当に幸せだなって思います。

堆肥は、
化学肥料と違って即効性は全くありませんが、
土づくりの一環として、
また、
籾殻(もみがら)を有効に活用して田んぼに返すと考えて、
頑張って続けています。

9月に刈り取った稲株から、
また新たに葉っぱが生えてきていて、
田んぼが青々としています。

葉っぱだけではなく、
稲穂をつける株まであるんですよ~。
稲の生命力の強さを感じます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●新米のご注文についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

 

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です