富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

普通の田植えやってまーす!

2021年5月14日 4:19 PM

田植えはもちろんですが、
育苗と苗販売とお米の発送と配達と。

今週は忙しさのピークです!!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

普通じゃない田植えが無事に終わったので、
今は普通の田植え中。

田植えをするとなると、
まず絶対に必要なのがこちら、
苗!

3月下旬から育ててきた苗

ようやく、
田んぼへ旅立っていきます!

この苗箱が微妙に重いと、
以前も書いたと思うのですが、
その際に重さ7kgと大きくサバをよんでおりました!

正確には、
4kgほどだそうです。

以前はかなり重かったみたいなんですが、
土を変えてできるだけ軽量化を実現。

今では、
販売用の苗を引き取られに来られた他の農家さん達も、
「かるっ!」
と喜びの声をいただいております。

実際には水を吸ってもう少し重いはずですが、
これだけの苗を腰をかがめて、
1枚1枚積んでいくわけですから、
軽いにこした事はありません。

苗箱を積む、
ただそれだけの用途しかない(笑)コンテナも、
田植えの必需品です。

さ、
田んぼへ行ってらっしゃい!

苗コンテナからそのまま、
田植え機へスライド移動させて田植え機にセット。

さらに肥料を投入。
田植えしながら肥料をまきます。

無農薬栽培の田んぼ以外は、
除草剤を使用しています。

除草剤も準備オッケー。

これでようやく、
田植えができるというわけです。

ちょっと隣の道路(8号バイパス)で景色が遮られてしまっていますが、
雄大な景色を見ながら、
しかも普通の田植えなので、
気持ちよーーーく作業できます。

普通の田植えは約9町(だいたい9ヘクタール)ほど。

コシヒカリが8町、
ミルキークイーンが1町。

田植えのゴールも見えてきたんですが、
この先の天気予報が微妙です・・・・。

え、
もしかしてもう梅雨入り・・・・??

考えても心配してもなるようにしかならないので、
ドーンと構えて、
ゴール目指してもう少しだけ頑張ります!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●新米ご注文についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です