富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

米作りの表道】 カテゴリの記事一覧

田植え、終わりましたー!

2015年5月20日 2:03 PM

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

3月末から続いていた春の作業、
2か月休みなく働いて、
体も心もそろそろ限界でしたが、
今日20日、
何とか田植えが終わり、
長い長い春の作業も一区切りつきましたー!

最後に残ったのは、
山の上の田んぼ。

濱田ファームからは車で、
20分ほど山に上った地区。

こことは全く違う、
景色、人、空気
です!

今朝も上がる途中、
何やら動いているなぁと思っていたら、
ニホンカモシカでした!

ちょっとわかりづらいんですが、
下には日本海が広がっています。

富山湾と、
その先の能登半島まで見渡せるんですよ~。

今日の撮影担当はともまる!
田植え機を運転しながら撮ってきてくれました。

今年の田植えはほぼハプニングもなく、
このブログもメリハリが全くないと、
往年のファンの方の期待には応えられませんでしたが(笑)、
ま、
そんな年もあるという事で。
来年にどうぞご期待くださいね(笑)。

田植えも終盤戦!

2015年5月15日 10:42 AM

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

田植えもそろそろゴールが見えてきましたー!
たぶん恐らく、
このまま大きなハプニング、
例えば田植え機が壊れる♪
とか、
ともまるが倒れる♪♪
とかいう事でもなければ、
18日には終われそうです!

ゴールが見えると、
気分的にすごく楽になりますね。

3月末から、
休みなく毎日毎日このゴールを目指してやってきたわけですから、
あともう一頑張り!

田植え待ちの田んぼも、
残すところあと僅か。
最後の力を振り絞って植えていきまーす!

熱風吹き荒れる田植え!

2015年5月13日 4:02 PM

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

今日は、
台風が残していった熱風が吹き荒れている黒部です。

そんな中で田植え!
してましたが、
髪の毛のセットは乱れるわ(→それ程問題ではない)、
帽子は飛んでいきそうになるわ(→ちょっと問題)、
細いコンクリート畦畔を歩いてると風で飛ばされて落ちそうになるわ(→かなり問題)、
大変でした。

中でも、
苗箱から苗を取り出し田植え機にセットした後の、
空の苗箱の扱いに気を使いましたー。

軽い苗箱、
油断してるとすぐヒラヒラと飛んでいっちゃいそうです。

こうして私、
写真を撮るだけでも大変でした!

植わった苗も、
風にさらされまくってます。

これまで温室育ちだったのに、
シャバに出た途端の厳しい環境。
きっと、
たくましく育ってくれる事でしょう・・・。

嵐を呼ぶ男!?

2015年5月12日 3:43 PM

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

台風の影響か、
だいぶ風と雨が強くなってきました。

今日は、
ビニールハウスの窓もしっかり閉めて、
中でまだ待機中の苗を守ってあげています。

そんな天候なので田植えもお休み。
というか、
今日は晴れていても田植えはお休み。

というのも、
田植えの準備が整っている田んぼがもう、
残っていないから。

田植えに向けての田んぼ準備の3ステップ、

1:耕起(こうき=田んぼを起こす)
2:荒くりその1荒くりその2@山の上の田んぼ(あらくり=土と水を混ぜる)
3:代かき(しろかき=田植えの為に田んぼの表面を滑らかにする)

はこれまでご紹介してきた通りですが、
最後の3:代かきは、
田んぼの状態にもよりますが、
田植えの2、3日前にに終わらせておくのがベスト。

それよりも前までに代かきを済ませて、
田植えまで間隔をあけてしまうと草が生えやすくなったり、
田んぼの表面が硬くなって植えづらくなったりするのです。

あっ、
横着して車の中から窓閉めて写真撮ったら、
やっぱり撮れてなかった(^^;)

まぁ、
上記の理由で、
田植えと代かきを交互にやっています。

というのも、
濱田ファームには、
オペレーター(農機具を運転する人)がともまる1人しかいないから。

普通は、
そのうちのお父さんが代かきをして、
息子さんが田植えをしてと手分けしたり、
もっと大きな農家さんだと、
従業員の方が二手に分かれて、
2台体制で代かき、2台体制で田植えをする、
なんて事も珍しくはありません。

うちは1人でのんびりと、
でもしっかりと1枚1枚の田んぼを、
ともまるがきちんと目の届く範囲で管理をしています。

なーんて書くと聞こえはいいんですが、
まぁ、
とにかく田植えが終わるまでのゴールはまだまだ先です・・・(汗)。

フランス人パティシエ軍団現る!

2015年5月11日 4:57 PM

こんにちは!
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

今週ももちろん田植え!
と張り切っていましたが、
台風の進路が心配ですねぇ。

稲刈りシーズンに台風が来る事はありますが、
まさか田植えシーズンに台風の心配をするなんて!

とりあえず、
今日はお天気もいいし、
いつものように田植え・・・・、

と思ったら、
何やらいつもと様子が違います!

いつもだったら、
ご近所のおじさま方の容赦ない黒部弁が聞こえてくるのに、
今日は英語とフランス語!
こ、
ここはどこ・・・?!

さらに、
普段だったらありえない、
写真撮影大会が繰り広げられています!!

もうね、
苗を見ただけで、
トレビアン!

軽トラを運転するだけで、
トレビアン!!

あ、
いえ、
私の知っているフランス語が極限られているだけで、
本当にトレビアンと言っていたかどうかは定かではありませんが、

こちらのお二方、
フランスからのお客様です!

コモンサヴァ?
サヴァビエーン!

普段は、
富山市のMonsieur J(ムッシュー・ジー)という、
マカロンが大人気のケーキ屋さんで働いていらっしゃるんですが、
さすがに田植えははじめてのようで、
田植え機を見ただけで大興奮。
隅から隅まで観察&撮影しまくり(笑)。

苗さしだっておっかなびっくりで、
非常に微笑ましい。

でもまぁ、
日本人でも一般の方にはあんまり馴染のない作業だもんね。

私たちの普通は、
他人にとって驚きの世界なんだなぁと、
改めて思わされました。

では、
田植え機に乗っていってみましょー!

もうね、
苗がただ植えられていくだけなんだけど、
それだけでも感動してもらえてました。

良かったね、田植え機のさなえちゃん。
いつもは、
当たり前のように馬車馬のように働かされてるだけだもんね(笑)。

運転もしてもらいました。
こんなに喜んでもらえて、
私たちもすごく嬉しいです!

それでは調子に乗って、
イボリの正しいさし方も教えましょう(笑)!
こんな事教えてるの、
ともまるもきっと初めてでしょう(笑)。

それにしてもイボリのさし方、
几帳面でかなり綺麗です!
きっと、
パティシエの血がそうさせるんでしょう(笑)。

米作りという自分たちの仕事を、
こんな風に興味深く見てもらい体験してもらって、
改めて自分たちの仕事に誇りを感じさせてもらった日となりました。

Josselin、Céline、のりちゃん、
楽しい時間をありがとー!