富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの裏道

2010.4月の記事

井ざらい?江ざらい?

2010年4月12日 10:27 PM

「井ざらい」なのか?
はたまた、
「江ざらい」なのか?

どちらが正しい名称なのか、
濱田ファームの永遠の謎です・・・?

本来は、
「井ざらい」が正しいみたいなのですが、
でも、
富山でもこの地区では、
「い」という単語を「え」と発音する事が多いので、
だから「いざらい」も「えざらい」とここでは言います。
だから、
「江ざらい」になったのかな?

どっちでもいいけど、
「井ざらい」とか「江ざらい」とか一体なんなのよーっ!
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

田んぼでお米を作っていく上で、
非常に重要な作業。
そして地域の人と協力して行う作業の事。

用水の掃除の事です。
一冬の間にたまったゴミや泥を、
鍬(くわ)できれいに掃除していきます。
泥なんかはけっこう重いのでかなりの重労働。

例外にもれず、
この地域も農家の高年齢化が進んでいて、
お年寄りの方には辛い作業。
かといって、
その息子さんたちの世代で参加する人もいないし。
1人、また1人、と、
年をおうごとに人が少なくなっていっています。

加えて、
今年は雨だったし・・・・。
写真撮るのも大変だったので、
この1枚だけ・・・・。

このままいくと、
近い将来この作業に参加する人がいなくなるんじゃないかと、
本気でおびえています。
長い長い水路を、
ともまる1人で掃除するなんて、
ちょっと現実的じゃーないですからねー。

耕作放棄地問題はよく取り上げられるけれど、
「井ざらい」「江ざらい」問題も、
そろそろ不気味な足音をたてて、
実はすぐそこまで来ているのかも・・・。

あぅ、
恐ろしいよ~。

——————————

お米の直売については、こちらをどうぞ。

田んぼを起こしまくり!

2010年4月11日 9:56 PM

育苗と同時進行で、
田んぼの準備も着々と進んでいます!

田植えまでの田んぼの準備は、
以下のスリーステップ!

1:耕起(こうき=田んぼを起こす)
2:荒くり(あらくり=土と水を混ぜる)
3:代かき(しろかき=田植えの為に田んぼの表面を滑らかにする)

地域によって作業名はさまざまのようで、
特に2の荒くりは、
この地域独特の言い方のようです。

既にトップギア全開なので、
朝から晩まで働いているともまる。

朝はだいたい5時ごろからからかなぁ。
晴れていると、
山から上ってくる朝日が拝めます。

これでもきっと、
他の農家さんと比べると遅い方なんだろうなぁ。
5時に田んぼにでると、
既に軽トラが何台もウロウロしてるもん。

昨日は1日いいお天気に恵まれて、
ずい分耕起の作業もはかどりました!

保育園がお休みのcoco、
他に連れて行くととこもないので、
いつものように田んぼの中をお散歩。
お父さんを発見すると、
体全身で「おとーしゃんっ!!」と叫び、
手をぶんぶん振りながら駆け寄っていきます(笑)。

一緒に、
3時のオヤツもいただきました。
おとーしゃんのお膝の上にちょこんと腰掛けて、
せんべいをバリバリ。

さらには、
大好きなトラクターにまで乗せてもらいました!
今まで何度もエンジンのかかっていないトラクターには乗っていたcocoも、
エンジン全開の大爆音のトラクターには、
ちょっとビックリ?!

その後は、
ともまるも集中してひたすら起こしまくり!

ちょっと立ち止まって見ていただければわかるんですが、
トラクターはものすごいのんびりのんびり耕起してるんですよ。
いや、
早く走ろうと思えばどれだけでも走れるんですが、
起こしながら走るとなると超ノロノロ運転。

なので、
全ての田んぼの耕起の作業はすごくすごく時間がかかり、
さらにこの後、
荒くりと代かきと同じ田んぼに3回も入らなくてはいけないため、
春の作業はとにかく時間がかかり忙しくなります。

あっ!
ともまる号(シルバー)の向こうに、
ともパパ号(オレンジ)発見!!

そう、
ともまる1人ではとてもとても終わらないので、
冬の間スキーに海外ゴルフにと、
悠々自適な年金生活を送るともパパも、
この時期からは米作りを手伝ってもらってます。

ともパパも、
耕起にビニールハウスの準備に、
さらにはこの後の育苗の作業のもろもろにと、
フル回転で働いてもらう予定です!

——————————

直売について詳しくは、こちらをどうぞ。

大麦追肥3回目と蜃気楼

2010年4月10日 9:40 PM

昨日は、
我が家の事情でcoco保育園お休みだったのでしょーがないけれど、
今日は、
保育園側の事情(館内一斉消毒)でまたまたお休み(号泣)。

どーしよーもないけれど、
cocoがいたら私の仕事は完全にストップ!
そしてデスク周辺は、
たまった仕事の山でグチャグチャになってしまいます。
はぁ。

さらには、
朝から晩まで全力投球でcocoと遊ぶもんで、
しかも昨日も今日もお天気がいいから完全外遊び!
暑い中、
cocoを追い掛け回しで汗だくになり、
時には調子よく遠くまで散歩に出かけた帰り道にずっと抱っこという、
拷問に近いような仕打ちをうけたりと、
ワタクシそれほど若くないので本当にグッタリ。

明日も日曜日。
もう本当に泣きそうです、
シクシク。

そんな私たち親子をほったらかし状態にして、
ともまるは完全仕事モード!
今日も早朝からトラクターで耕起しまくりだったようです。
その様子は明日!

写真は、
大麦の今の様子。
ここ数日暖かいこともあって、
グングン背を伸ばしてきているようです。
なので、
3月初めの2回目の追肥についで、
3回目の追肥をおこないました。

注・追肥(ついひ=追加で肥料を与える事)

この先さらに背丈を伸ばした麦は、
田植えの頃から黄色くなり始め、
刈り取りの6月上旬には黄金色に輝きます!
キレイですよ~!

あっ、
麦畑の中に鳥の卵を発見!

天敵から身を守る為に、
こういう草むらに卵を隠している鳥が多いんですが、
ヒナが卵からかえるのが、
ちょうど刈り取りの時期に重なってしまうんですよね・・・。

そして今日はお天気が良かった事もあって、
今年3回目(たぶん)の蜃気楼もでていました!
って、
写真じゃわかりづらいですよね・・・。
見てるこっちも、
実はよくわからなかったりして・・・・。

でも何かがびよ~んと伸びてるのかな。
蜃気楼の写真をキレイに撮ろうと思ったら、
やっぱりちゃんとしたカメラじゃないと難しーです。

海には蜃気楼、
田んぼにはトキ、
どちらもカメラマンがわんさか集まる、
けっこーすごい景色です。

——————————

平成21年産のお米、まだまだあります!
ありすぎてちょっと恐怖です(笑)!

初めての方はもちろん、
お久しぶりの方、
ちょっと迷っていた方、
農家だけどよそのお米が気になるという方、
どんな方でも問題なし!
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい☆

直売について詳しくは、こちらをどうぞ。

黒部の桜

2010年4月9日 9:33 PM

桜の開花情報が、
毎日のようにニュースになる国・日本。
しかも、
ローカルメディアはもうそれこそ事細かに、
あっちは何分咲きだ
こっちは満開だと教えてくれます。
本当にすごい!

カナダでも桜は咲くけれど、
こんなに騒がれる事はなかった(よね・・・?)。

やっぱり日本は桜の国なのだ。

本当はゆっくり家族で、
お弁当を持ってピクニックシートを広げて、
公園で遊びながらお花見を楽しみたいところだけれど、
米農家にはやっぱりそれはちょっとムリ。

既に仕事をが押せ押せのともまるを置いて、
用事があって保育園をお休みしてたcocoと2人、
黒部の桜の名所の宮野山へ出かけてみました♪

ちょっと小高い山の上の桜なので、
まだまだ5分咲きくらいかな。
cocoも喜んで桜を見上げていて、
花をホッペに押しあてていました。

日当たりのいいところは、
けっこういい感じに咲いていましたよ~。
もうあとちょっと!
という感じでしょうか。

花より団子、
ならぬ、
花より遊び!
のcocoは桜並木を通り抜けて、
魅力的な遊具が並ぶ公園へひとっとび。
滑り台やブランコなどを楽しみました。

写真だとちょっとわかりづらいんだけれど、
山からは黒部川扇状地に広がる田んぼと、
その向こうに日本海、
そして能登半島。

田んぼに水が入る田植え直前、
夕日が日本海に落ちる景色はなかなかのものです。

——————————

平成21年産のお米、まだまだあります!
ありすぎてちょっと恐怖です(笑)!

初めての方はもちろん、
お久しぶりの方、
ちょっと迷っていた方、
農家だけどよそのお米が気になるという方、
どんな方でも問題なし!
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい☆

直売について詳しくは、こちらをどうぞ。

種籾の農薬による消毒

2010年4月8日 10:25 PM

約2ヶ月間に及ぶ育苗の行程は、
以下の通りの11段階。

1:選別
2:小分け
3:消毒(温湯消毒・直売用と農薬による消毒・出荷用)
4:浸種
5:催芽
6:風乾
7:播種
8:ハウスへの苗だし
9:出芽
10:苗をならべる
11:潅水&温度管理(プール・通常)

今日は、
3:消毒のうち、
農薬による消毒の方のご紹介。

消毒は、
直売用で農薬を使用しない温湯消毒と、
苗販売用(農家さんへ苗を販売する)で農薬を使用して消毒する方法と、
今年は2種類の方法で行います。

そう、
苗って農家が作るもんだと思っている一般消費者の方も多いと思いますが、
苗作りってけっこう大変なんですよ~。
なので、
苗は作らず他の農家さんから買う人も多い。
兼業農家の方は特にそうかもしれませんね。

小分けにした種籾を、
ちゃぷんと農薬が薄められた液に浸します。

基準に従っているので、
もちろん問題はないんですが、
でもやっぱり液の色がちょっと毒々しい?
敏感肌のともまるは、
用心の為ゴム手袋を着用で(笑)。

でもね、
やっぱり農薬を使用すると、
簡単だし時間もかからないしコストも安い!
何よりきっちり消毒ができる!!
一概に否定は絶対にできません。

——————————

平成21年産のお米、まだまだあります!
ありすぎてちょっと恐怖です(笑)!

初めての方はもちろん、
お久しぶりの方、
ちょっと迷っていた方、
農家だけどよそのお米が気になるという方、
どんな方でも問題なし!
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい☆

直売について詳しくは、こちらをどうぞ。

  • 最近のエントリー

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 新着コメント