富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

タンボマスターへの道

富山県黒部市の小さな専業農家・濱田ファームが
黒部川の清流で育った美味しいお米を直接お届けします。

富山の専業米農家 濱田ファーム〈無農薬米・減農薬米 コシヒカリ〉

ブログ タンボマスターへの裏道

ブログ タンボマスターへの裏道

田植え前の田植え準備

2019年5月4日 1:23 PM

今日もいいお天気!
絶好のGW行楽日和ですね!!

そんな事には無縁の我が家ですが、
でもお天気がいいと、
朝一番の苗の水やりも、
田植えも代かきも、
とっても気持ちがいいです!


(田んぼのすぐ側を流れる川沿いの鯉のぼり)

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

さて、
育苗も順調に進み、
トラクター作業も代かきまでたどり着いて、
いよいよ田植えです!

と、その前に、
田植え準備。

田植えに必要なありとあらゆるもの、
田植え機や2台目の軽トラ(レンタル)、
田植えに必要な資材やお手伝いの方の手配、
などなど、
準備していきますよー。

田植えの主役は、
やっぱり田植え機でしょうか。

我が家はこの、
メインの田植え機(かなり年代物になってきましたw)と、

無農薬で育てる田んぼの田植えを担う、
特殊なこの田植え機、
の2台体制。

この田植え機のどこがどう特殊なのかは、
見る人が見れば一目瞭然ですが、
一般の方にはわかりづらいですよね。

またこの田植えで田植えする様子を、
詳しくお伝えしていきたいと思っていますので、
少々お待ちくださいませー。

去年の田植えが終わってから、
掃除して整備して1年(正確には11ヵ月)ゆっくりお休みしていた田植え機。

田植え前にもう一度、
整備しながらちゃんと動くか確認します。

細かい部品も念入りにチェック。

苗を植えていく、
とっても大事な箇所だそうです。

農機具の整備には、
工具もまた大事。

こういうの、
男の人が大好きな世界かと。

苗を刺す板、
って説明ではわかりづらいので、
これもまた実際の作業を見ていただければと思うのですが、
苗箱から苗を根っこから根こそぎ引きはがす板も、
1枚1枚なにやら加工しています。

根張りがとにかく強いので、
苗箱から苗をひっぺがすのが大変。

なので、
刺す板の先端を鋭利な状態に仕上げている様子。

板の持ち手も、
こんな風にグリップ力をあげる工夫。

こういう1つ1つの心がけが、
田植えを円滑に進めていくコツのようです。

田植えと同時にまいていく肥料などの資材も、
狭い、いや、うちの作業所はかなり広い、んですが、
所狭しと積み上げられています。

無農薬で育てる田んぼ用の、
紙マルチという紙のシートも、
今か今かとその出番を待っています。

さー、
いよいよ準備は整いましたよ!
令和元年の田植え、
いってみよー!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●お米のご注文についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

田植えの前も合間も代かきするよーっ!

2019年5月3日 1:52 PM

実際の作業とこのブログとの間に、
微妙な時差が生じています。

現実の世界ではもう、
田植えが始まり今日で2日目。
順調です!
いたって順調です!!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

時差は気にせず、
ブログはマイペースで更新していきますよ!
でも、
これでもかなり無理していますけどね(笑)。

朝4時から夜7時まで、
これでもかー!と頑張っているトラクター作業は、
以下の3ステップで進めていき、
田植えに向かっています。

1:耕起(こうき=田んぼを起こす)
2:荒くり(あらくり=土と水を混ぜる)
3:代かき(しろかき=田植えの為に田んぼの表面を滑らかにする)

いよいよ、
田植え前の最終段階、代かき!

絵面は荒くりと変わりませんが、
この、
トラクターの後ろに付けている作業機が違うんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真、
荒くりではロータリーという作業機だったんですが、
上の上の写真、
代かきはハローという作業機。

えっと、
私も実は区別がつかない(というか興味がない)んですが、
かなり重要な違いのようです。

横に長いハローを引っ張りながら、
田んぼの表面を平らに。
これで、
田植えがしやすくなります。

代かきと田植えとの間に日数があくと、
草が生えてきちゃうので、
田植え前数日に代かきをするのがベスト。

なので、
この先は2日田植えしたら2日代かきしてと、
交互に作業を進めていきます。

従業員さんが何人もいる大きな農家さんの場合は、
田植え部隊と代かき部隊と、
チームに分かれて効率よく作業していきますが、
ともまる1人の濱田ファーム、
代かきも田植えも1人(田植えの時はお手伝いの方もいます)で、
作業を進めていきまーす。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●お米のご注文についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

農繁期でもGWでもお米のご注文お受けしています!

2019年5月2日 3:43 PM

実は、
今日から田植えが始まりましたーーー!

ブログの更新が追いつかず、
後手後手になってしまっていますが、
まー、
少々の時差があっても許されるかなと(汗)。

とりあえず、
田植えの初日5月2日も、
私(=濱田律子)はお米のご注文対応に追われています!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

今年のGWは、
私が言うまでも書くまでもなく、
10連休。

本来は、
土日祝日はご注文対応をお休みしている
(ついでに平日は不定休とか謳っている)濱田ファームですが、
そうすると10日休になってしまう。

それはそれでちょっと大変な状況だし、
その間にも定期発送でお届けしているお客様のお米はご用意するわけだし、
かなりの件数があるので、
今年のGWは土日だけ休みにしてみました。

おかげさまで、
たくさんのご注文をいただいているので、
農繁期もGWも無視(?)して、
毎日毎日お米の補充と精米と梱包とに追われています。

ありがとうございます!

ともまるも、
農作業の合間にお米の精米を手伝ってくれるので、
本当に助かります。

精米器も休むことなくフル稼働。

GWに伴う道路・物流の状況で、
お届けに遅延が生じているようです。

私もできるだけ迅速な対応を心がけていますが、
それでもやはりこの時期は育苗に気を取られています。

ご注文はお早めにご連絡いただけると、
とてもとても助かります!
どうぞよろしくお願い致します!!

そして、
GWに関係なく集荷に来ていただき、
配達していただくドライバーさんにも感謝。

海外生活が長かった私には、
日本の物流システムの凄さに未だに違和感を感じます(笑)。
夕方送った荷物が翌日届くとか!
ましてや時間帯指定とか!!
さらには再配達とか!!!

これも、
夜を徹してどこかの誰かが荷物を運んでくれるからこそ。
当たり前だと思わずに、
これからもドライバーさんに感謝の気持ちを忘れずに、
私たちのお米を託したいと思います!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●お米のご注文についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

 

水やりと温度管理が続く日々

2019年5月1日 11:47 AM

気づいたら令和になっていました。
平成の最後の日も、
令和の最初の日も、
私にとっては日常の1日。
朝からビニールハウスの確認をする、
いつも通りの1日。

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

田植えが終わる5月下旬まで、
長く長く続く育苗(いくびょう=苗を育てる作業)

1:小分け
2:消毒
3:浸種
4:催芽
5:風乾
6:播種の準備編本番編
7:ハウスへの苗出し
8:出芽
9:苗をならべる
10:潅水と温度管理

ようやく、
本当にようやく、
3月下旬から始めた育苗の工程も、
最後の10:潅水と温度管理までたどり着きました!

白いシートを取り払って、
いきなり目の前に現れた青々とした苗も、
日に日に成長してこんなにフサフサしてきました。

この写真、
目を凝らして見ていただくと薄っすらと見えるか見えないか?
くらいの映り込みですが、
ミストシャワーで潅水している様子です。

朝一番で、
たっぷりとお水をあげます。

どうしても灌水ムラが出てくるので、
そういう箇所は手動で潅水もします。

温度管理は、
細心の注意を払って。

ビニールハウスは、
日が差してくると一気に気温が上昇します。
逆に、
陰ってくると一気に気温が降下します。

天気予報をチェックしながら、
あとは自分の目で太陽を確認して、
肌で風の向きや冷たさを感じて、
温度管理をします。

だからこの時期は、
ビニールハウスから遠く離れられません。
常にハウスへ行けるよう、
私は事務所の窓から空模様を見ています。

温度管理は原始的に、
このクルクルをクルクルして、
窓を大きく開けたり小さく閉めたり。

風の向きや太陽が沈む方向も考えながら、
一方を大きく開けたり、
閉め切ったりと、
経験と勘を頼りに窓を開け閉め。

同時に、
少しほったらかし気味にするようにもしています。

苗の生命力を信じて、
少々の温度変化でもびくびくしない、
どーんと構えた気持ちも大切かなと。

育苗1年目はもう本当に、
ドキドキしながら温度管理していましたが、
10年もたつとこんなに図太くなりました(笑)。

大丈夫、稲は強い。
今はビニールハウスという温室でヌクヌク育っているけど、
田んぼという大海原に出てもたくましく生きていける。

農業は子育てと一緒だ
という言葉があまりしっくりこないと感じるタイプの私ですが、
愛情をもって育てるというより、
自立して生きていけるように育てる、
それこそが子育てと考えている我が家にとって、
うん、
農業は子育てと一緒、なのかもしれません。

この時期の苗は、
本当に本当に美しいです。
そこに、
生命の宇宙があります。

なーんて、
それっぽく書いてみたけど、
全くダメだ。

美しい苗の前には、
言葉は不要ですね。

苗の管理は、
田植えが終わる5月下旬まで続きます。
つまり、
まだ始まったばかり(あぅ・・・)!
頑張ります!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●お米のご注文についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram

苗並べ、だからナエナラベール!

2019年4月28日 4:15 PM

いよいよGWに入りましたね!
なにやら10連休という噂が聞こえてくるんですが、
本当ですか(笑)?

我が家はもちろん、
きっと他の農家さんも休みなく作業しているんじゃないかなと思いますが、
GWは集中して農作業できる!
と思うと頑張れそうな気がしています!!

こんにちは!
無農薬・減農薬でお米を作り、
直売・通販を通してお客様との交流を楽しんでいる、
富山県黒部市の専業米農家・濱田ファームです。

このブログは、
濱田ファームのお客様や、
濱田ファームに興味をもっていただいている方へ向けて、
田植えや稲刈りだけではない日々の米作りの様子を、
日本一わかりやすく!
を心がけて書いています。

そして、
まいにち食べるお米の事をもっともっと知ってもらえたら、
よりお米を美味しく食べてもらえるのでは?
笑顔になってもらえるのでは??
そういう気持ちでいます。

田植えが終わる5月下旬まで、
長く長く続く育苗(いくびょう=苗を育てる作業)

1:小分け
2:消毒
3:浸種
4:催芽
5:風乾
6:播種の準備編本番編
7:ハウスへの苗出し
8:出芽
9:苗をならべる
10:潅水と温度管理

舞台がビニールハウスへ移って、
いよいよ育苗も大詰めです!

今日は、
9:苗並べの様子をお伝えしたいと思います。

苗並べ、
つまりはナエナラベール。

あっ、
この派生形には他にも、
テデトール
テデカール
テデウエール
など、
いろいろありますよ♪

言葉のまんま
その通りの作業なんですが、
出芽した苗箱をビニールハウス一面に並べていく作業です。

珍しく、
うちの娘もお手伝い(?????)。

すぐに飽きて、
どこかへ行っちゃいましたけどね。

見てるだけだと単純作業なんですが、
日が差すと一気に気温が上がるビニールハウスの中、
微妙に重い苗箱(6kg前後)をえっちらおっちら運んでは、
腰をかがめて並べていくナエナラベールは、
地味に辛い仕事です。

子どもには何の楽しみもないよね。
でも、
興味を持ってやる!と言ってくれたその気持ち、
嬉しかったな。

ナエナラベールのコツ(?)は、
とにかく頑張らない事(笑)。

頑張るとすぐに疲れるので、
無心にマイペースに無欲で淡々と作業すると、
気づかないうちにゴールしてます。

並べ終わったら、
たっぷりとミストシャワーでお水をかけて。

最後に、
いきなり強い光にあてると苗がビックリするので、
遮光用のシートをかぶせて数日おきますよー。

葉っぱが青々とした緑になるまで、
ちょこっと我慢。

そしてその後は、
これまた長い長い日数がかかる上に心身ともに疲弊する、
10:潅水と温度管理に突入です!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

黒部の専業米農家・濱田ファーム
富山県黒部市で、
他の誰でもない濱田智和が作った無農薬・減農薬のお米を、
直売・通販でお届けしています。

●お米のご注文についてはこちらをご覧ください。
●HP タンボマスターへの道
●日々の農作業の様子ブログ タンボマスターへの裏道
●ともまるの富山弁がさく裂するTwitter タンボマスター
●双方向のやりとり大歓迎のfacebookページ タンボマスターへの横道
●黒部の美しい景色と農作業の様子をインスタで! Instagram